ニュース

News

試合情報

【チャレンジマッチ第4戦】試合結果

2016年08月10日
いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
日本女子プロ野球リーグ2016チャレンジマッチ第4戦レイアvs3球団選抜の試合結果をお知らせいたします。
 
■試合結果
レイア 7対6 3球団選抜
 
3球団選抜
100 041 0=6
400 200 1X=7
レイア
 
(埼)大串(4回)松谷(1回)古谷(2回)-村松
(3球団)笠原(2/3回)山崎舞(3回1/3)坂東(2回0/3)-川畑
 
【勝利投手】古谷 恵菜 7試合3勝2敗0セーブ
【敗戦投手】坂東 瑞紀 13試合4勝2敗0セーブ
 
【球場】
熊本県営八代球場
 
<レイア>
【打者】
1(中) 松村 朱咲4-2-0
2(遊) 吉田 奈津4-1-0
3(右) 前田 桜茄3-3-1
4(D) みなみ  4-1-0
5(三) 海老 悠 2-1-1
6(一) 奥村 奈未3-1-2
7(二) 笹生 なつみ3-1-1
8(捕) 村松 珠希3-1-0
9(左) 岩田 きく2-1-0
 
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
大串桃香:4回(56球)打者17 被安打2 奪三振0 四死球5
松谷比菜乃:1回(44球)打者9 被安打3 奪三振0 四死球3
古谷恵菜:2回(38球)打者9 被安打0 奪三振1 四死球3
 
<京都フローラ>
【打者】
1(右) 橋本 ひかり2-1-1
(二) 松永 栞 1-0-0
3(左) 榊原 梨奈3-0-0
4(一) 加藤 優 1-1-2
5(遊) 大澤 靖子4-1-1
6(中) 三浦 由美子3-1-1
7(D) 佐伯 千夏 2-1-0
8(捕) 川畑 亜沙美3-0-0
9(三) 早田 咲紀 0-0-0
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
笠原優子:0 2/3回(38球)打者9 被安打4 奪三振0 四死球2
山崎舞:3 1/3回(53球)打者15 被安打4 奪三振2 四死球0
坂東瑞紀:2回(39球)打者9 被安打4 奪三振0 四死球2
 
 
【戦評】
県営八代球場にて行われたチャレンジマッチはレイアが7-6で3球団選抜に勝利した。
 
初回、3球団選抜は1死2.3塁から4番加藤の犠牲フライで1点を先制。
 
その裏、レイアは熊本出身の松村がセンター前ヒットで出塁、すぐさま盗塁を決めチャンスを作る。すると打線に勢いがつき、4点を奪う猛攻で逆転に成功。
 
4回には1死1塁から3番前田の左中間タイムリースリーベースヒットで1点。2死3塁からは公式戦で初の5番に座った海老が左中間を深々と破るタイムリースリーベースヒットを放ち2点を追加。スコアを6−1とした。
 
しかし、その裏3球団選抜は、レイアの2番手松谷を捉え一挙5得点。6回にも1点を奪い同点に追いつく。
 
最終回、先頭打者の4番みなみがレフトの頭上を遥かに越えるスリーベースヒットでノーアウト三塁のサヨナラのチャンスをつくる。5番海老、6番奥村がフォアボールで歩かされ無死満塁とした場面で打席には7番笹生。
ここで坂東が投じた初球がワイルドピッチとなり、3塁走者のみなみがサヨナラのホームに生還。誰もが予想しなかった展開でチャレンジマッチ第4戦は幕を閉じた。
 
最後は相手のミスで勝利が決まったものの、レイアは合計12安打と7個の盗塁を決め、試合を重ねるごとに成長を感じさせた。
次回のチャレンジマッチは少し期間をあけて9月21日に埼玉県・飯能市民球場で開催される。
 
20160810.jpg

ページトップへ