ニュースNews

試合情報

【埼玉アストライアVS京都フローラ第16戦】試合結果

2016年10月10日
いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
日本女子プロ野球リーグ2016 ヴィクトリアシリーズ 埼玉アストライアVS京都フローラの試合結果をお知らせいたします。
 
■試合結果
京都フローラ 4対1 埼玉アストライア
 
京都フローラ
002 010 1=4
000 100 0=1
埼玉アストライア
 
(埼)磯崎(6回),谷山(1回)-今井
(京)植村(5回),小西美加(2回)-秋山
 
 
【勝利投手】植村 美奈子(20試合7勝7敗0セーブ)
【敗戦投手】磯崎 由加里(19試合7勝10敗0セーブ)
【セーブ】小西 美加(27試合9勝8敗1セーブ)
 
 
【球場】
川口市営球場
 
<埼玉アストライア>
1(二) 中野 菜摘2-1-0
2(左) 佐藤 千尋3-1-0
3(D) 楢岡 美和1-0-0
4(遊) 川端 友紀3-2-0
5(三) 出口 彩香1-0-1
6(一) 山崎 まり2-0-0
 一 奥村 奈未1-0-0
7(右) 加藤 優  3-0-0
8(捕) 今井 志穂2-0-0
9(中) 松永 栞  2-0-0
 打 中平 千佳1-0-0
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
磯崎由加里:6回(103球)打者29 被安打5 奪三振3 四死球5
谷山莉奈:1回(17球)打者5 被安打1 奪三振0 四死球1
 
 
 
<京都フローラ>
1(左) 橋本 ひかり2-0-0
2(二) 小西 つどい4-1-0
3(中) 三浦 伊織3-2-0
4(D) 池山 あゆ美1-0-1
5(右) 中村 茜  1-1-1
6(一) 田口 紗帆0-0-2
7(捕) 秋山 かおり4-1-0
8(遊) 岩見 香枝3-0-0
9(三) 早田 咲紀3-1-0
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
植村美奈子:5回(61球)打者18 被安打4 奪三振1 四死球1
小西美加:2回(35球)打者9 被安打 0 奪三振1 四死球2
 
 
【戦評】
 
川口市営球場で行われたダブルヘッダー1試合目、埼玉アストライアVS京都フローラは昨年女王の執念が勝り、京都フローラが4-1で勝利した。
 
本日の先発ピッチャーは、埼玉アストライアはエース磯崎、京都フローラは左腕の植村。
初回、両投手の立ち上がりは上々。2回まで0に抑える好投。
 
3回表、9番早田がレフト前ヒットで、念願のプロ通算100安打達成。送りバントやヒットなどで1死1,3塁とすると、3番三浦伊織がフォアボールを選び、満塁とする。続く4番池山もフォアボールを選び、押し出しで先制点をあげる。
さらに5番中村がライトへの犠牲フライを放ち2-0。磯崎は再び満塁のピンチを迎えるが、秋山を見逃し三振に打ち取り、この回を最少失点に抑えた。
 
3回裏、負けられない埼玉アストライアは1番中野が右中間を真っ二つに破る渾身のスリーベースを放つ。しかし、後続が絶たれ、得点ならず。
 
4回裏はキャプテンが魅せた。4番川端がこの日2本目となるセンター右へのヒットを放ちチャンスメイクすると、続く出口がライトへの犠牲フライを放ち、1点を返す。
執念を見せたプレーは続く。5回表、京都フローラの三浦伊織の右中間への大飛球をセンター松永がダイビングキャッチ!ファインプレーで2,000人を超える球場を沸かせた。
 
このままの勢いで逆転を目指す埼玉アストライアだったが、京都フローラが5回と7回にそれぞれダメ押しとなる追加点をあげ、昨年女王に軍配が上がった。
京都フローラは女王決定戦へ、埼玉アストライアはジャパンカップ出場決定戦へ進むことになる。
掴んだチャンスを無駄にはできない。それぞれの舞台での勝利を誓う。

20161010.jpg

ページトップへ