ニュース

News

試合情報

【ジャパンカップ】ベストナイン

2016年11月02日

bestnine20161102.jpg

投手

兵庫ディオーネ #17 泉由有樹

hyoousyoujyou_05.jpg
コメントはこちら
 
 
捕手 
埼玉アストライア #22 今井志穂

hyoousyoujyou_07.jpg
ベストナインに選出して頂き、とても嬉しく思います。今年はチームとしても個人としてもとても苦しく、悔しいシーズンでした。そんな中で本当に最後の大会、チーム全員で悔いのないように出し切ろうと挑んだジャパンカップで惜しくも準優勝に終わりましたが、なんとか最後の最後にチームに貢献できて良かったです。
ファンの皆さん、寒い中ご声援本当にありがとうございました。
この大会が来シーズンに繋がるよう、また日々練習に励みたいと思います。これからもご声援よろしくお願いします。
 
一塁手
兵庫ディオーネ #3 大山唯
hyoousyoujyou_12.jpg
素直に"嬉しい"の一言です。
引退発表をしてから、今日まで本当にあっという間でしたし、ファンの皆様からの温かい声にとても支えられた中で挑んだ今大会でした。
昨年、このジャパンカップは兵庫ディオーネを飛躍させてくれた大会でした。そして今年は、新生兵庫ディオーネの強さを魅せる大会でした。今シーズン1試合ごとにチーム、そして私自身も成長することが出来ましたし、それを最後に最高の結果として残せて本当に嬉しく思います。
私らしく笑顔で元気にプレーすることが出来ました。
ファンの皆様をはじめ、応援して下さった皆様本当にありがとうございました。
 
二塁手
兵庫ディオーネ #2 三原遥

hyoousyoujyou_11.jpg
ベストナインに選出頂き、嬉しく思います。
本当にありがとうございます。
投打が噛み合い、優勝という最高の形で今シーズンを終えることができました。
優勝できたのも淡路島の方、ファンの方、そして決勝戦スタンドで応援してくれた神戸弘陵の方のおかげです。
これからもプロ、アマ共に女子野球を盛り上げていけたらと思います。
今後とも女子野球、兵庫ディオーネをよろしくお願いします!!
 
三塁手
埼玉アストライア #2 出口彩香

hyoousyoujyou_16.jpg
ジャパンカップでのベストナイン選出ありがとうございます。
今シーズン、アストライアは悔しい思いばかりしてきたので、その悔しさをこの大会にぶつける事が出来てよかったです。チームとしては準優勝でしたが、一人一人は自分達の役目を果たせたと思います。私自身も持ち味である泥臭い守備と粘りのバッティングでなんとかチームに貢献できてよかったです。
 
遊撃手 
埼玉アストライア #23 川端友紀

hyoousyoujyou_15.jpg
昨年に引き続き、ベストナインを獲得する事が出来、とても嬉しく思います。その反面、今回こそは金メダルと意気込んでいた中、4度目の銀メダルとなりました。結果は準優勝でしたが、リーグ戦での悔しさもあり、優勝したい気持ちは強く、選手全員がひとつになり、闘い抜いた事は来季に繋がると思います。
また、日程変更の中や気温が低い中でも応援に駆けつけて下さったファンの皆さんのご声援がとても力になりました。本当に感謝しています。ありがとうございました!
また1から出直し、もっともっと力をつけて来シーズンに臨めるように頑張ります。今後もご声援よろしくお願いします。
 
外野手
兵庫ディオーネ #8 太田あゆみ

hyoousyoujyou_20.jpg
今シーズンの締め目くくりを完全優勝で終えることができて、個人的にも最多打点賞、ベストナインという素晴らしい賞を取ることができ、本当に嬉しく思います。
しっかり自分の役割を果たせた1年になったと思います。来年もこの賞を取れるようにレベルアップしていきたいと思います。来シーズンも温かいご声援よろしくお願いします。
 
 
京都フローラ #3 三浦伊織

hyoousyoujyou_19.jpg
ベストナインに選出していただき、ありがとうございます。
このフローラのメンバーで戦うのが最後だったので、抽選負けで決勝進出できなかったことが本当に悔やまれます。この悔しさを忘れず、来年に向けてまた新たに頑張っていきます。この四日間、大会に携わった関係者の皆様、本当にありがとうございました!
 
 
神戸弘陵高校 #53 駒井莉子

hyoousyoujyou_23.jpg
ジャパンカップではレベルの高いチームと試合することができ、仲間やマーチングバンド部の応援もあり、最後まで弘陵らしさを出し切り試合を楽しむことができました。
その結果、チームではベストスマイル賞、個人ではベストナインに選んで頂くことができました。
高校最後の大会でこれだけの賞を頂くことができ光栄に思います。
今大会では、たくさんの方々のサポートがあるから今の自分がいるのだと改めて思うことができました。
これからも感謝の気持ちを忘れず、レベルアップを目指し頑張っていきたいと思います。
 

ページトップへ