ENGLISH

instagram

Twitter

LINE

ニュース

  • 試合情報
  • 【京都VS兵庫第3戦】試合結果
  • 2017年4月19日

いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
日本女子プロ野球リーグ2017 京都フローラVS兵庫ディオーネ第3戦の試合結果をお知らせいたします。
 
■試合結果
兵庫ディオーネ 5対4 京都フローラ
 
兵庫ディオーネ
100 003 01=5
000 103 00=4
京都フローラ
 
(京)植村(1/3回)、長尾(5回2/3)、塩谷(2回)-泉由希菜
(兵)坂東(6回)、泉由有樹(2回)-寺部
 
【本塁打】 榊原(1号)
 
【勝利投手】泉 由有樹(4試合2勝0敗1セーブ)
【敗戦投手】塩谷 千晶(4試合0勝2敗0セーブ)
 
 
【球場】
わかさスタジアム京都
 
<京都フローラ>
1(三) 中野 菜摘4-0-0
2(二) 小西 つどい4-0-0
3(中) 三浦 伊織4-2-0
4(捕) 泉 由希菜4-1-0
5(D) 中村 茜  4-3-1
6(右) 前田 桜茄2-2-1
7(一) 田口 紗帆4-2-1
8(遊) 吉田 奈津4-1-0
9(左) 金山 亜莉紗2-0-0
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
植村美奈子:1/3回(18球)打者5 被安打0 奪三振0 四死球3
長尾朱夏:5 2/3回(87球)打者22 被安打3 奪三振5 四死球2
塩谷千晶:2 回(26球)打者9 被安打2 奪三振2 四死球1
 
 
<兵庫ディオーネ>
1(遊) 厚ヶ瀬 美姫4-0-0
2(二) 三原 遥  3-0-0
3(中) 中田 友実2-0-0
4(三) 太田 あゆみ3-2-0
5(捕) 寺部 歩美 0-0-1
6(一) 田中 朋子4-0-0
7(右) 川崎 ひかる4-1-0
8(D) みなみ  2-0-0
 打D 榊原 梨奈2-2-4
9(左) 三浦 由美子4-0-0
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
坂東瑞紀:6回(100球)打者28 被安打10 奪三振2 四死球1
泉由有樹:2回(30球)打者7 被安打1 奪三振1 四死球0
 
【戦評】
本拠地、わかさスタジアム京都での開催とあって、ぜひ勝ち星をあげたい『京都フローラ』。対戦相手は、今シーズン未だ負けのない『兵庫ディオーネ』。
 
京都フローラの先発は植村美奈子。本日の立ち上がりに注目が集まった。
 
しかし、制球が定まらず、相手に先制を許してしまう。
急遽マウンドに上がったルーキー長尾朱夏が、京都フローラに訪れるピンチをしのぐ好投を見せる。
 
兵庫ディオーネの先発は中3日の坂東瑞紀。
大きく変化するカーブとストレートで緩急を使いながらピッチングを組み立てる。
 
1点ビハインドの京都フローラは4回裏、3番三浦伊織がノーアウトでレフト前ヒットを放ち出塁、さらに盗塁を決める。
5番中村のレフト前ヒットと6番前田の犠牲フライにより、三浦伊織が生還。1−1の同点とする。
 
同点のまま投手戦が続くかと思われたが、劇的な展開が待っていた。
6回表、兵庫ディオーネの攻撃。
8番指名打者みなみの代打で入った榊原が、レフト柵越えとなるスリーランホームランを放ち、一気に4-1と突き放す。
 
流れは完全に兵庫ディオーネのペースかと思われた。
しかし京都フローラの4番泉由希菜のツーベースヒットを皮切りに連打と相手のエラーも重なって、あっという間に4-4の同点に。
試合を振り出しに戻し、延長戦へ。
 
延長8回表、兵庫ディオーネはここで底力を発揮。
またも8番榊原のレフト前タイムリーヒットにより、5−4と勝ち越しに成功。
榊原の代打起用がチームの勝ちにつながった。
 
京都フローラは敗れたものの、兵庫ディオーネの5安打に勝る11安打と打撃は好調。
次戦もシーズン序盤ではあるが、両チームが総力をあげて戦う好ゲームが期待される。
 

>> ニュース一覧に戻る

>> JWBLトップへ

ページトップへ