ENGLISH

instagram

Twitter

LINE

ニュース

  • 試合情報
  • 【埼玉VS京都第12戦】試合結果
  • 2017年6月17日

いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
日本女子プロ野球リーグ2017 埼玉アストライアVS京都フローラ第12戦の試合結果をお知らせいたします。
 
■試合結果
埼玉アストライア 9対3 京都フローラ
 
京都フローラ
100 002 0=3
114 210 X=9
埼玉アストライア
 
 
(埼)谷山(4回)海老(1回)宮原(1回)山崎舞(1回)-今井(7回)
(京)小西美加(2回1/3)笠原(1回2/3)塩谷(1回)長尾(1回)-泉由希菜(6回)
 
 
【勝利投手】谷山 莉奈
【敗戦投手】小西 美加
 
 
【球場】
市営浦和球場
 
<埼玉アストライア>
1(中) 佐藤 千尋3-1-0
2(一) 奥村 奈未2-0-0
3(右) 楢岡 美和4-2-1
4(二) 川端 友紀2-1-1
5(捕) 今井 志穂2-0-0
6(三)一 岩谷 美里4-3-4
7(D) 萱野 未久2-1-0
8(左) 加藤 優  3-0-0
9(遊) 岩見 香枝4-1-2
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
谷山莉奈:4回(58球)打者17 被安打5 奪三振0 四死球2
海老悠:1回(8球)打者3 被安打0 奪三振0 四死球0
宮原臣佳:1回(21球)打者6 被安打2 奪三振0 四死球0
山崎舞:1回(14球)打者3 被安打0 奪三振0 四死球0
 
<京都フローラ>
1(右) 前田 桜茄4-1-0
2(三) 中野 菜摘3-0-0
3(中) 三浦 伊織3-2-1
4(遊) 中村 茜 3-1-0
5(捕) 泉 由希菜3-3-0
6(投) 小西 美加1-0-0
 投 笠原 優子0-0-0
  投 塩谷 千晶1-0-0
 投 長尾 朱夏0-0-0
7(一) 田口 紗帆1-0-0
8(二) 岩田 きく3-0-0
9(左) 金山 亜莉紗2-0-0
 打 小西 つどい1-0-0
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
小西美加:2 1/3回(50球)打者16 被安打5 奪三振1 四死球3
笠原優子:1 2/3回(38球)打者9 被安打3 奪三振1 四死球1
塩谷千晶:1回(21球)打者6 被安打1 奪三振0 四死球1
長尾朱夏:1回(14球)打者5 被安打0 奪三振0 四死球1
 
【戦評】
今シーズン初開催となる市営浦和球場に場所を移し開催された埼玉アストライア対京都フローラの第12戦。
 
昨日の試合で、苦手意識のあった植村を攻略した埼玉アストライア打線。
 
今シーズン初の連勝を目指し、先発のマウンドに立ったのは、防御率1.68と安定した投球を魅せている谷山莉奈。
対する京都フローラが先発マウンドに送り込んだのはレジェンド小西美加。
 
初回、京都フローラ1番前田がツーベースヒットを放ち、昨日につづき先頭打者で出塁すると、打率4割を超える3番三浦伊織に先制タイムリーが飛び出し1点を先制。
 
しかし、ここ最近、打線に繋がりが生まれてきた埼玉アストライアが見事な攻撃を展開する。
 
1回裏、3番川端の痛烈なライトフェンス直撃のタイムリーツーベースヒットですぐに同点に追いつくと、2回裏には相手守備のエラーで勝ち越しを決めると、3回裏には、超強力打線が目覚めビッグイニングをつくる。
6番岩谷の豪快なライナーがレフト線へ抜けタイムリーツーベースヒット。
その後、萱野がライト前ヒットでつなぎ1死1.3塁。
ここで京都フローラベンチは、立ち上がりから精細を欠く小西美加から笠原にマウンドを託す。
笠原は続く8番加藤を空振り三振に打ち取るものの、ラストバッター岩見に左中間に抜ける2点タイムリーツーベースヒットを打たれ、この回一挙4点。
 
埼玉アストライアは、4回にも岩谷がこの日3本目となる長打を放ち2点を追加し、5回にも1死満塁から3番楢岡のサードゴロの間に1点をあげ試合を一方的に進める。
 
対する京都フローラも、3番三浦・4番中村・5番泉由希菜のクリーンナップが合計6安打と攻撃の機会をつくるも、下位打線が続かず散発合計7安打1得点と沈黙。
 
試合は6回表、京都フローラが2点を返すものの、埼玉アストライア中島監督が「後半は選手に任せることができた」と振り返りをみせる余裕の投手継投をみせ9-3と埼玉の連勝で埼玉ホームゲームを締めくくった。
 
埼玉アストライアは嬉しい今シーズン初となる連勝。
宮原の久しぶりの登板もあり、打線の上昇気流に投手陣の顔ぶれが揃い良い流れとなってきた。
対する京都フローラにとっては、首位兵庫ディオーネとの差を更に開く痛い連敗となった。
次戦はホーム開催なだけに、この2連戦の課題を軌道修正し、巻き返しを図りたい。
 
 
 
 

>> ニュース一覧に戻る

>> JWBLトップへ

ページトップへ