ニュースNews

試合情報

【兵庫VS埼玉第12戦】試合結果

2017年06月25日
いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
日本女子プロ野球リーグ2017 兵庫ディオーネVS埼玉アストライア第12戦の試合結果をお知らせいたします。
 
■試合結果
埼玉アストライア 2対0 兵庫ディオーネ
 
埼玉アストライア
100 000 1=2
000 000 0=0
兵庫ディオーネ 
 
 
(兵)里(7回)-寺部
(埼)磯崎(7回)-今井
 
 
【勝利投手】磯崎 由加里(8試合3勝0負0セーブ)
【敗戦投手】里 綾実(11試合7勝1負2セーブ)
 
 
【球場】
京セラドーム大阪
 
<兵庫ディオーネ>
1(遊) 厚ヶ瀬 美姫3-1-0
2(二) 三原 遥   3-0-0
3(中) 中田 友実3-2-0
4(三) 太田 あゆみ3-0-0
5(右) 三浦 由美子3-0-0
6(捕) 寺部 歩美2-0-0
7(一) 山崎 まり2-0-0
8(D) みなみ   2-0-0
9(左) 榊原 梨奈2-1-0
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
里綾実:7回(102球)打者29 被安打9 奪三振7 四死球0
 
<埼玉アストライア>
1(中) 佐藤 千尋4-4-0
2(一) 奥村 奈未3-0-0
3(右) 楢岡 美和3-0-0
4(二) 川端 友紀3-1-0
5(捕) 今井 志穂3-1-0
6(三) 岩谷 美里3-2-0
7(左) 加藤 優  2-0-0
8(D) 萱野 未久2-0-0
 打D 海老 悠  1-1-0
9(遊) 岩見 香枝2-0-1
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
磯崎由加里:7回(87球)打者23 被安打4 奪三振2 四死球0
 
【戦評】
オリックス・バファローズ快勝の熱気に包まれる中、兵庫ディオーネVS埼玉アストライア第12戦が行われた。
 
兵庫ディオーネ先発は、キレ味鋭いスライダーと直球で打者を翻弄させる里綾実。
対する埼玉アストライアは、緩急を自在に操るピッチングが魅力の磯崎由加里。
 
1回表、埼玉アストライアの攻撃。
1番佐藤が里の投じた2球目をライト前に弾き出塁。その後2死2塁の場面で4番川端が初球をレフト前ヒット。エラーの間に2塁にいた佐藤が一気にホームへ生還。1点を先制する。
連勝の勢いそのままに、良い流れに持っていく埼玉アストライア。
 
その裏、先頭打者の厚ヶ瀬が放った打球はライトの頭上を大きく超える。俊足を生かし、悠々と3塁へ。
1点を取り返したい、連敗阻止へ意地のプレーを魅せるも磯崎の好投に後続が抑えられ、無得点。
 
その後、両投手の好投により、スコアボードに0が並ぶ。
 
3回表、兵庫ディオーネの厚ヶ瀬が萱野の放ったヒット性の当たりをファインプレー。
大観衆を前に世界一の華麗な守備が光る。
 
4回表、埼玉アストライアの攻撃。
ここでも球場にどよめきが起こる。
 
第11戦でホームランを放った6番岩谷が両翼100mのレフトフェンス直撃となるツーベースヒットを放ち、2死2,3塁に。
パワフルヒッターが観客に魅せる。
しかしここは女子野球界No. 1右腕・里が意地を見せピンチを凌ぐ。
 
その後も両投手の好投が続き、打線が動かない。
 
最終回の7回表、ついに試合が動く。
 
6番岩谷がセンター前ヒットを放つと、続く7番加藤がきっちりと送り、8番代打海老がレフト前ヒットを放ち、1死1,3塁に。
ここで9番岩見がスクイズを成功させ、1点を追加。
 
その裏、何としても取り返したい兵庫ディオーネだったが、磯崎の前に3人で攻撃終了。
 
終わってみれば、先発の磯崎は4安打無四球完封。
直球のスピードは100km/h前後ながら、緩い変化球を巧みに使った投球術で打者をきりきり舞いさせ、エースの完全復活、そして女子野球の面白さを1万人の観衆に披露した。
 
打っては、佐藤が4安打の固め打ち。
 
これで埼玉アストライアは4連勝。
波に乗り、7月1日(土)の京都フローラ戦へ挑む。

ページトップへ