ENGLISH

instagram

Twitter

LINE

ニュース

  • 試合情報
  • 【オールスターゲーム】試合結果
  • 2017年8月13日

いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
日本女子プロ野球リーグオールスターゲーム球女の祭典2017 ALLWest VS ALLEastの試合結果をお知らせいたします。
 
■試合結果
オールスターウエスト 8対18 オールスターイースト
 
オールイースト
008 402 202=18
400 002 200=8
オールウエスト
 
(W)里(2回),磯崎(1回2/3),宮原(2回1/3),坂東(1回),小西美加(2回)-寺部
(E)泉 由有樹(2回),古谷(2回),萱野(2回),長尾(1回),谷山(2回)-泉,今井
 
 
【勝利投手】古谷 恵菜(14試合4勝4敗1セーブ)
【敗戦投手】磯崎 由加里(14試合4勝2敗1セーブ)
 
【球場】
わかさスタジアム京都
 
<ALLWest>
1(遊)厚ヶ瀬 美姫   5-3-0
2(右) 前田 桜茄3-0-0
3(中) 三浦 伊織4-1-0
4(二) 川端 友紀4-2-1
5(D) みなみ   4-2-2
 投 小西 美加1-0-0
6(捕) 寺部 歩美5-3-2
7(三) 中野 菜摘4-2-1
8(一) 三原 遥  2-0-0
 打 岩田 きく3-0-0
9(左) 榊原 梨奈2-1-0
 左 金山 亜莉紗2-1-1
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
里綾実:2回(29球)打者9 被安打3 奪三振1 四死球0
磯崎由加里:1 2/3回(58球)打者18 被安打11 奪三振1 四死球2
宮原臣佳:2 1/3回(54球)打者14 被安打4 奪三振0 四死球3
坂東瑞紀:1回(22球)打者6 被安打33 奪三振1 四死球0
小西美加:2回(33球)打者9 被安打2 奪三振1 四死球1
 
<ALLEast>
1(左) 加藤 優  5-2-3
2(二) 佐藤 千尋6-4-3
3(中) 中田 友実4-0-0
 中 三浦 由美子2-1-1
4(三) 岩谷 美里5-2-3
5(右) 楢岡 美和6-4-0
6(D) 山崎 まり2-2-1
 打 奥村 奈未3-1-0
7(一) 田口 紗帆6-1-0
8(捕) 泉 由希菜3-1-2
 捕 今井 志穂1-1-0
9(遊) 岩見 香枝5-4-4
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
泉由有樹:2回(50球)打者14 被安打4 奪三振0 四死球4
古谷恵菜:2回(23球)打者6 被安打3 奪三振0 四死球0
萱野未久:2回(32球)打者9 被安打3 奪三振0 四死球0
長尾朱夏:1回(23球)打者6 被安打3 奪三振1 四死球0
谷山莉奈:2回(26球)打者9 被安打2 奪三振0 四死球1
 
【戦評】
女子プロ野球オールスターゲーム球女の祭典は
女子野球の聖地わかさスタジアム京都で行われた。
 
選手の出身地を東西に分けて行われた球宴は
ホームラン、猛打、逆転など予想外の展開を見せた。
 
球宴の先発は
ALLWestは女子野球界のエース里綾実。
対するALLEastはサウスポーの泉由有樹。
注目はALLEastキャッチャー由希菜との夢の姉妹バッテリー。
 
初回、ALLEastの攻撃。
ここでは里の立ち上がりに注目が集まる。
プロ初のリードオフマンとして出場した加藤は、いきなりセン
ターの頭上を大きく超えるツーベースヒットを放ちスタンドを沸かせる。
この勢いでALLEastに先制点の期待が高まるが、しかし、ここはさすがエース里。
後続を抑え、この回を切り抜ける。
 
その裏、ALLWestの攻撃。
泉由有樹は、立ち上がりの制球に苦しみ、ヒットと押し出しフォアボールなどで4点を失い、流れはALLWestへ。
 
しかし、ここから試合の流れは予想外の展開を見せる。
 
4点ビハインドの3回表、ALLEastの攻撃。この回よりALLWestは里から磯崎にスイッチ。
1死1,2塁の場面で岩谷が放ったレフト前へのあたりで、2塁にいた佐藤の俊足を飛ばして一気にホームへ。クロスプレーは間一髪セーフとなり、1点を返す。
 
この1点がALLEast打線に火をつけ、次々に得点を重ねることに。
1点差に迫った2死2,3塁の場面では8番泉由希菜が勝ち越しタイムリーヒットを放ち、一気に試合をひっくり返す。
 
さらに、この回2巡目となる1番加藤に右中間を破る2点タイムリースリーベースヒットが飛び出すと、続く佐藤にまたもタイムリーが飛び出しこの回だけで一挙8得点。しかし、これだけではなかった。
 
4回表、この回先頭打者の4番岩谷が振りぬいた打球は、スタンドの歓声にも後押しされレフトのラッキーゾーンへ。
今シーズン第2号となるレフト柵越えホームランを放った北の大砲は大歓声の中ダイアモンドを駆け巡り、ALLEastに9点目をもたらした。
さらにこのあとも猛打爆発。12-4で試合を有利に進める。
 
その後両者得点を重ねるもALLWestはなかなかALLEastとの差が縮めることができず、16-8で最終回の9回を迎える。
 
最終回9回表、ALLEastの攻撃。
9番岩見が4安打4打点目となるレフト前タイムリーツーベースヒットで17点目。
1死1,3塁の場面で1番加藤のライトゴロの間に1点が追加さ
れ、18-8とさらにALLWestを突き放し試合を決めた。
投げては、谷山がランナーを出しながらも落ち着いて後続を退け、ALLEastが見事大勝で球宴の勝利を飾った。
 
3時間を超える戦いは両チーム合計38安打26得点とまさにヒットパレード。
年に一度の夢の球宴は、2,512人の熱気に包まれる中、ALLEastが誇る強打者たちの活躍で幕を閉じた。
 
次回はどんなドラマが見られるのか。今から楽しみだ。

>> ニュース一覧に戻る

>> JWBLトップへ

ページトップへ