ニュースNews

試合情報

【京都vs兵庫第14戦】試合結果

2017年08月31日
いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
日本女子プロ野球リーグ2017 京都フローラVS兵庫ディオーネ第14戦の試合結果をお知らせいたします。
 
■試合結果
兵庫ディオーネ 7対2 京都フローラ
 
兵庫ディオーネ
001 010 05=7
001 010 00=2
京都フローラ
 
【本塁打】厚ヶ瀬 1号
 
(京)小西美加(8回) -泉由希菜
(兵)泉由有樹(4回2/3)、宮原臣佳(3回1/3)-寺部
 
【勝利投手】宮原 臣佳(14試合3勝4敗1セーブ)
【敗戦投手】小西 美加(17試合7勝5敗0セーブ)
 
 
【球場】
わかさスタジアム京都
 
<兵庫ディオーネ>
1(遊) 厚ヶ瀬 美姫4-3-1
2(二) 三原 遥  2-0-1
3(中) 中田 友実5-3-2
4(三) 山崎 まり5-2-1
5(右) 三浦 由美子4-0-0
6(捕) 寺部 歩美4-3-0
7(D) みなみ   2-0-1
8(一) 川崎 ひかる4-0-0
9(左) 榊原 梨奈4-1-1
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
泉由有樹:4 2/3回(75球)打者21 被安打7 奪三振3 四死球3
宮原臣佳:3 1/3回(41球)打者13 被安打2 奪三振1 四死球1
 
<京都フローラ>
1(二) 中野 菜摘3-2-0
2(左) 金山 亜莉紗3-1-0
3(中) 三浦 伊織2-1-0
4(三) 田口 紗帆3-1-2
5(捕) 泉 由希菜4-0-0
6(D) 池山 あゆ美4-2-0
7(遊) 中村 茜  2-1-0
8(一) 長尾 朱夏4-0-0
9(右) 岩田 きく3-1-0
 
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
小西美加:8回(123球)打者40 被安打5 奪三振2 四死球2
 
 
【戦評】
京都フローラvs兵庫ディオーネ第14戦は浴衣で賑わうわかさスタジアム京都で行われた。
京都フローラの先発は小西美加。
対する兵庫ディオーネは泉由有樹。
 
 
1回裏、京都フローラの攻撃。
1番中野が初球から積極的な攻撃でセンター前ヒットとすると、
続く金山がバスターを決め無死1,2塁とチャンスメイクする。
すると2塁にいた中野が盗塁で進塁を決めるなど、1死満塁とチャンスを拡大。
しかし、兵庫ディオーネの好守備に抑えられ、この回は無得点に終わる。
 
2回裏も京都フローラは積極的な攻撃に出る。
6番指名打者の池山が初球を振り抜くと、レフトの頭上を越え、ワンバウンドでフェンスを越えるエンタイトルツーベースを放つ。
しかしここも後続が続かず無得点。
 
3回表、兵庫ディオーネの攻撃。
1番厚ヶ瀬が本日マルチヒットとなるショートへの内野安打を決めるとエラーの間に1死1,2塁と先制のチャンスをつくる。
3番中田がライト前ヒットで満塁とすると、好調の4番山崎まりのタイムリーで先制をあげる。
 
しかし、3回裏の京都フローラの攻撃。
2死3塁の場面で4番田口のレフト前タイムリーを放ち、試合を振り出しに戻す。
 
5回表、兵庫ディオーネの攻撃。長年のファンが待ち望んだ出来事が起こる。
1番厚ヶ瀬が放った打球はライト方向へ大きく弧を描き、ラッキーゾーンへ。猛打賞を決める一打は記念すべきプロ入り初ホームランとなり、勝ち越し。
 
この1点を守りきりたい兵庫ディオーネは5回裏、先発の泉由有樹が満塁のピンチを招く。
打席にはここでまたも4番田口。打ち取った当たりも犠牲フライとなり同点。さらにピンチが続くと、姉妹対決を前に泉由有樹がマウンドを降りる。
 
その後は両チーム得点が奪えず延長戦へ突入する。
 
延長8回表、兵庫ディオーネの打線に火がつき猛攻撃を見せる。
4番山崎まりがライト前ヒットを放つと、無死1,2塁の場面で6番寺部のレフト前ヒットが飛び出し満塁。
ここで7番みなみがきっちり犠牲フライを放ち、勝ち越しに成功。
さらに9番榊原のセンター前タイムリーとエラーの間に1点を追加。
さらに満塁から押し出しフォアボールと3番中田のライト前タイムリーで7-2で試合を決めた。
打者一巡の猛攻で兵庫ディオーネが勝利。
投げては宮原が3回1/3を2安打無失点の好投。
兵庫ディオーネは、女王2連覇に向けて加速をつける試合となった。

ページトップへ