ENGLISH

instagram

Twitter

LINE

ニュース

  • ディオーネ
  • 田中朋子選手・川崎ひかる選手現役引退のお知らせ
  • 2017年10月5日

いつも兵庫ディオーネに温かいご声援をいただきありがとうございます。
兵庫ディオーネの田中朋子選手(27)、川崎ひかる選手(25)が、今季をもちまして現役引退することとなりましたので、お知らせいたします。
tanaka1005.jpg
 
 田中 朋子 背番号 25
田中選手はリーグ創設時より在籍し、プロ7年目の昨シーズン、念願の本塁打者賞を受賞した。
4月3日の試合でプロ通算200安打を達成。パワフルなバッティングで多くのファンを魅了した。
 
【出身】和歌山県 【ポジション】内野手 【投打】左・左 【生年月日】1990年8月 9日
【球歴】県立和歌山商業高校(ソフト) - ドリームス('10~'12) - ディオーネ('13~)
【タイトル】最多本塁打('16)ベストナイン一塁手('11, '12)
通算成績※2017年10月3日時点
【試合数】299 【打率】.270 【安打】207 【打点】90 
 
<本人コメント>
この度今シーズンで現役を引退することを決意しました。
8年間ご声援いただきありがとうございました。
創設時から女子プロ野球リーグで8年間プレーさせていただき、野球を通してたくさんの方と出会い、たくさんの事を学び本当に成長させてもらいました。
この環境を作って下さった方がいて、応援してくださる方がいて、私たちは大好きな野球を続けられています。
この環境で野球ができたのは、本当に幸せ者だと思います。
たくさんのレベルの高い選手とプレーし、自分がどこまで挑戦できるのかという気持ちで入ってから、8年間正直一瞬でした。
ライバルに追いつきたい追い越したい、上手くなりたいという思いで毎日過ごし、野球の事を考えて過ごしてきたからだと思います。
 
言葉に表すことができないぐらい、充実した8年間だったと思います。
女子プロ野球リーグを築き支えてきていただいている関係者の皆様、そして、指導者、チームメート、応援してくださるファンの方に感謝しかありません。
一緒に喜び、一緒に悔しがり、一緒に盛り上がってくださるファンの方がいたからこそ私はここまでプレー出来たと思います。
強いチームでしか味わえないもの、弱いチームでしか味わえないもの、この8年間で味わう事ができました!
ここで培ったものはこれからの糧になると思います。
次の道に進みますが、これからも向上心を持ち常に前進していきたいと思います。
本当に8年間ありがとうございました。
兵庫ディオーネはホーム最終戦を含め、女王決定戦、そしてジャパンカップと今シーズン残り少なくはなりましたが非常に重要な試合が続きます。
最後まで全力を尽くしてチームに貢献しファンの皆さまに喜んでいただけるプレーをしますので是非引き続き、
兵庫ディオーネそして女子プロ野球リーグの応援をよろしくお願いします。
 
kawasaki1005.jpg
 
川崎 ひかる 背番号 24
シャープなバッティングと俊足を生かした守備範囲の広さに定評があった。
特に思い切ったチャージから狙うライトゴロを量産する姿に注目するファンが多くいた。
 
【出身】香川県 【ポジション】外野手 【投打】右・右 【生年月日】1992年5月 28日
【球歴】丸亀城西高校(ソフト) - スマイリーズ('11) - ハニーズ('12) - ディオーネ('13~)
【タイトル】ベストナイン外野手('14)
通算成績※2017年10月3日時点
【試合数】255 【打率】.270 【安打】134 【打点】60 
 
<本人コメント>
今年で引退する事を決意しました。
プロ人生7年。
なかなか結果を残す事が出来ず悔しい思いをする事の方が多かったかな?と思いますがチームとしては
1年目スマイリーズで、2年目はハニーズで、そして6年目にはディオーネで優勝でき、仲間のお陰でたくさんいい思いをする事ができました。
本当に楽しい7年間で、たくさんの方と出会い、たくさんの方に応援して頂き、本当に感謝しています。
ありがとうございました。
また、こんなに野球に打ち込める環境を創り支え続けてくださっている女子プロ野球リーグ関係者の皆様、最後まで温かいご声援を送ってくださるファンの皆様本当にありがとうございました。
これから女子プロ野球がもっと発展していくなかで、たった7年間でしたが、プロとしてプレーする事ができたこと、誇りに思います。
シーズンも残りわずかですが自分らしいプレーで最後まで駆け抜けていきますので応援よろしくお願いします。
本当にありがとうございました。
 
                            

>> ニュース一覧に戻る

>> JWBLトップへ

ページトップへ