ENGLISH

instagram

Twitter

LINE

ニュース

  • リーグ情報
  • 【コンベンション2017】リーグ部門受賞コメント
  • 2017年12月2日

★最優秀新人賞
◆みなみ(兵庫ディオーネ/背番号28)
 
この度はこのような素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。
育成球団レイアで2年間心身共に鍛え、今年トップチームに上がった年に、新人賞を受賞することが出来て本当に嬉しく思います。
いつも目標にしてきたトップチームの選手と同じ土俵で戦えていることそして、先輩方から学ぶことがたくさんあり、本当にレベルアップができたシーズンでした。
それでも課題はたくさんあり、まだまだ成長段階なので来シーズンに向けて頑張ります。
目標だったホームランも打つことができましたが、『ホームランを5本打つ』目標を今年は達成出来なかったので、来年こそは達成できるように精進していきます。
自分ホームランで女子プロ野球の魅力を伝え、たくさんの子どもたちに夢を与えられるような選手に成長していきます。
 
★太田幸司賞
◆谷山 莉奈(埼玉アストライア/背番号17)
 
この度は、太田幸司賞に選んでいただきありがとうございます。
とにかく「今自分にできることを全力で出し切ろう」と必死に駆け抜けたシーズンでした。
仲間のプレーに全員で喜び合い、応援してくださるファンの皆さんと一緒に戦うことができ、女子野球の魅力を強く感じた1年にもなりました。たくさんの方の支えに感謝したいです。
目標に向かって諦めずにチャンスを掴む姿勢を忘れずに、自分らしく毎年成長できるよう精進していきます。
 
★功労賞
◆田中 朋子(兵庫ディオーネ/背番号25)
 
功労賞という賞を受賞することができ、嬉しく思います。
今シーズンで選手として引退ですが、8年間選手として女子プロ野球で野球に関わることができ良かったです。
これからも女子野球発展に貢献できるように頑張っていきます。
今シーズンもありがとうございました。
 
◆川崎 ひかる(兵庫ディオーネ/背番号24)
 
この度は功労賞に選んで頂きありがとうございます。私は硬式野球の経験もなく、女子野球の事もわからなかったのですが思う存分野球に集中して取り組める環境を作ってくださったわかさ生活角谷社長はじめ、皆様方のおかげで7年もプレーすることができました。
本当にありがとうございました。
今後私は、リーグを支える人となり、女子プロ野球の発展に尽力していければと思います。
本日は本当にありがとうございました。
 
 
 

>> ニュース一覧に戻る

>> JWBLトップへ

ページトップへ