宮原、完封でリーグトップの6勝目!ディオーネ、決勝戦進出を決めた!

| コメント(0) | トラックバック(0)

【第一試合】ディオーネ 3-0 レイア
(2013年6月8日 わかさスタジアム京都)

8日(土)、わかさスタジアム京都でティアラカップ京都大会の一回戦が行われ
ディオーネがレイアに完封で勝利した。

初回、ディオーネは一死3塁から田中幸夏の中犠飛で1点を先制。
3回には二死2塁から、2番・早田咲紀の左前適時打で2点目を追加。
5回にも四球で出塁した1番橋本ひかりが、盗塁で二死2塁とチャンスを広げると
再び早田咲紀の左前適時打で3-0。1、2番コンビの活躍で、試合の主導権を手放さなかった。
投げては先発の宮原が、緩急をいかしたピッチングで相手打線を無失点に抑える好投。

今季2度目の完封勝利をおさめた宮原は
「今日ヒットを許した球は、全部甘いコース。このままでは決勝戦では通じない。
明日はランナーを出さないよう、打たせて取るピッチングを心掛けていきます」と
四度目の優勝に向けて意気込んだ。

 

 

 (サウスディオーネ  宮原臣佳 23歳 投手)
今日ヒットを許した球は、全部甘いコースでした。
0点に抑えましたが、逆球が多かったです。このままでは決勝戦では通じないと思います。
良かった点は、緩急をいかせたことです。明日の決勝戦では、ランナーを出さないよう
打たせて取るピッチングを心掛けていきます。

(サウスディオーネ 早田咲紀 19歳 内野手)
これまでなかなか打てなかったので、チャンスで打つことが出来てよかったです。
前でひかりさん(橋本)が出塁したので、次に回すだけだと思って打席に入りました。
左方向を意識していましたが、タイムリーが2本とも(左方向に)打つことが出来て、練習の成果が出ました。


⇒第一試合の詳細はコチラ
http://www.jwbl.jp/sokuhou/game/tablescore/33/


◆ティアラカップ京都大会  結果◆
【第一試合】≪ディオーネ 3-0  レイア≫
@わかさスタジアム京都

ディオーネ
101|010|0 =3 H5 E0
000|000|0 =0 H5 E1
レイア

≪責任投手≫
勝:〔D〕宮原臣佳(13試合6勝2敗4S)

敗:〔R〕田中碧 (3試合0勝2敗)

≪バッテリー≫
〔D〕宮原-川畑亜
〔R〕田中碧、岩谷-中村沙、碇

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/1472

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2013年6月 8日 17:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地元開催に臨むフローラ!連覇はなるか!」です。

次のブログ記事は「ディオーネvsアストライア 京都大会を制するのは!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。