矢野、貫禄の投球!フローラがコールドで準決勝進出!

| コメント(0) | トラックバック(0)
◇第3回女子野球ジャパンカップ
フローラ 8x-0 蒲田女子高校
(2013年11月3日(日)静岡草薙球場)

11月3日(日)、静岡草薙球場で、第3回女子野球ジャパンカップの準々決勝第3試合が行われ、
中盤に打者一巡の猛攻で5点を入れたフローラが、蒲田女子高校に快勝。明日の準決勝に
コマを進めた。

0-0で迎えた4回、先頭の三浦伊が内野安打で出塁すると、相手守備の乱れと四球で無死満塁。
ここで、昨日も猛打賞を記録した6番塩谷が走者一掃となる左越え適時二塁打を放ち3点を先制。
なおも無死二、三塁とし、松本の左前適時打で1点を追加した。この回、小西つにも適時打が生まれ
打者一巡の猛攻。この回一挙5点を入れた。フローラは続く5回にも、代打池山の犠飛。さらに1死満
塁から金山の中前適時打で3点を追加し試合を決めた。

DSC_0455hp.JPG
【写真】左越えに3点適時二塁打を放つ塩谷

投げては先発の矢野が6回を投げ1安打無失点に抑える好投。『序盤は四球を出してしまいリズム
が作れなかったんですが、後半は自分のピッチングが出来ました。バッターが積極的に振ってきた
ので初球から厳しいコースをついて攻めの投球ができたと思います。明日もしっかり先制点を取って
守り抜く試合をしたいと思います』と話した。

DSC_0111hp.JPG
【写真】1安打無失点に抑える好投を見せた矢野

先制打の塩谷は『ランナーが足が速かったのでとにかく外野に飛ばすことだけを考えました。
超えてくれてよかったです。今日も知り合いがたくさん来てくれているので結果を出せて嬉しいです。
今日もいい形で勝つことができたので、明日もしっかり守って必ず勝ちたいと思います。』とスタンド
の声援に応えた。


◆準々決勝 第3試合の詳細はコチラ◆

◆準々決勝 第2試合の詳細はコチラ◆
アストライア 8-1 神村学園高等部 ※6回コールド

◆準々決勝 第1試合の詳細はコチラ◆
埼玉栄高校 6-3 ホーネッツ・レディース


◆第3回女子野球ジャパンカップ特設ページはコチラ◆

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/1766

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2013年11月 3日 16:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「川保が逆転打!アストライアがコールドで準決勝進出!」です。

次のブログ記事は「村田が圧巻の完封!ディオーネが準決勝進出!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。