【7/19 公式戦結果】努力のひまわり満開、熊﨑!「憧れの先輩」萱野とサヨナラ勝利を呼び込む

| コメント(0) | トラックバック(0)

いつもアストライアに温かいご声援をいただきありがとうございます。

本日のヴィクトリアシリーズ東地区第13戦を行いましたので、試合結果をお知らせいたします。
 
◆試合結果
アストライア 2x-1 レイア
 
レイア
000 010 0  =1
000 000 2X=2
アストライア
 
投手:中島(5回2/3)渚(1/3回)萱野(1回)
捕手:今井(5回)熊﨑(2回)
 
▽本塁打:なし
▽三塁打:なし
▽二塁打:山﨑舞、楢岡、熊﨑
 
【打者】
1(二)中野 3-2-0
2(中)山﨑舞 3-2-0
3(三)厚ヶ瀬 3-0-0
4(遊)川端友 3-1-0
5(左)中平 3-0-0
6(右)楢岡 3-1-0
7(D)奥村 2-0-0
  (投)渚 0-0-0
8(捕)今井 2-0-0
  (捕)熊﨑 1-1-1
9(一)萱野 3-1-1
 
 
※表記は左から[打順][ポジション][名前][打数]-[安打]-[打点]
 
試合結果の詳細はこちらをご覧ください。
 
【投手】
中島:5回2/3(73球)打者21 被安打3 奪三振1 四死球2
渚:1/3(2球)打者1 被安打0 奪三振0 四死球0
萱野:1回(11球)打者3 被安打1 奪三振0 四死球0
 
 
【戦評】
後期開幕2連敗から必勝を誓ったアストライア。
レイア先発里のキレのいい速球と変化球にヒットが出るも得点することが出来ない。
 
0-1で迎えた最終回。『2連敗の悔しさがあったので絶対に打ってやろうという強い気持ちだった』と先頭の楢岡がレフト線ツーベースヒットで出塁すると続く渚のうまいバントは相手のフィルダースチョイスを誘う。続いてバッターボックスに向かうのは、この試合途中出場の熊﨑。打球はセカンドの頭上を越え右中間タイムリーツーベースヒットで同点に追いつく。続く熊﨑の中学校、高校、大学の先輩萱野は『愛ちゃんがチャンスを作ってくれたので自分が決める気持ちだった』と初球を振り抜きセンター前サヨナラタイムリーヒット、歓喜のサヨナラ勝利を呼び込んだ。
 
BL0T9616.JPG
熊﨑選手
『川保監督から気持ちで負けるなと言われていたので強い気持ちで臨みました。応援して下さる皆さんが声をかけ勇気づけてくれるのでそれが力になりました。これからも応援よろしくお願いします!』
 
【次回の対戦カード】
<ヴィクトリアシリーズ 東地区 第14戦>
7月20日(日)13:00〜
アストライア vs レイア
市営浦和球場

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2306

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年7月19日 15:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【7/19 公式戦結果】エース里綾実(#18)好投見せるも、打線が援護出来ず」です。

次のブログ記事は「ヴィクトリアシリーズ東地区第14戦 試合開催について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。