【7/26公式戦結果】先制するもあと一本が出ず。大田(#1)粘りの投球も復調の兆し

| コメント(0) | トラックバック(0)
 
いつもディオーネに温かいご声援ありがとうございます。
本日、ヴィクトリアシリーズ西地区第13戦を行いましたので、
試合結果をお知らせいたします。
 
 
■試合結果
 
フローラ 2-1 ディオーネ
 
ディオーネ
100 000 0=1
100 100 X=2
フローラ
 
 
投手:大田(6回)
捕手:秋山
 
▽本塁打:なし
▽三塁打:なし
▽二塁打:なし
 
試合の詳細はこちらをご覧ください。
 
 
【打者】
 
1(中) 橋本   3-1-0
2(左) 早田   2-1-0
3(右) 川崎   3-1-0
4(一) 田中朋 3-0-0
5(遊) 田中幸 3-0-0
6(D) 宮原  3-0-0
7(三) 大澤   2-0-0
 打 滝澤  1-0-0
8(捕) 秋山   2-1-0
9(二) 笹生   2-0-0
 
 
※表記は左から[打順][ポジション][名前][打数]-[安打]-[打点]
 
 
【投手】
大田:6回 (109球) 打者27 被安打7 奪三振2 四死球4
 
 
 
【戦評】
 
初回先頭の橋本がショートへの内野安打で出塁すると
2番早田が送りバントをきっちりと決め、4番田中朋の想いをのせた打球は
相手の失策を誘い、幸先よく1点を先制。
 
しかしその裏、先発の大田は先頭の中村茜に四球で出塁を許すと、
3番三浦伊、4番中村香に連打を浴び、あっさりと同点にされてしまう。
4回には連続四球の後に連続安打を許し、岩田のファーストゴロの間に逆転を許す。
 
 
点を与えた1回と4回以外は、持ち前のストライク先行のピッチングで
安打こそ許すものの得点を与えなかった。
 
 
打線はフローラのエース矢野から安打こそ出るものの、得点に
結びつけることが出来ず、悔しい敗戦となった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2322

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年7月26日 19:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【7/26公式戦結果】矢野みなみ(#26)完璧なピッチィングで今季8勝目を挙げる。」です。

次のブログ記事は「【10:30更新】7/27(日)本日のヴィクトリアシリーズ西地区第14戦開催について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。