【7/4 公式戦結果】白熱した接戦。粘りきれず後期開幕黒星。

| コメント(0) | トラックバック(0)
【7/4 公式戦結果】白熱した接戦。粘りきれず後期開幕黒星。
 
いつもアストライアに温かいご声援をいただき
ありがとうございます!
 
本日のヴィクトリアシリーズ東地区第11戦の
試合結果をお知らせいたします。
 
◆試合結果
レイア 2x-1 アストライア
 
アストライア
000 010 0 =1
100 000 1x=2
レイア
 
投手:渚(5回)萱野(1回0/3)山﨑舞(1/3)
捕手:今井(6回1/3)
 
▽本塁打:なし
▽三塁打:なし
▽二塁打:山﨑舞
 
【打者】
1(三)厚ヶ瀬 2-0-0
2(一)萱野 2-0-0
3(左)中平 2-0-0
4(遊)川端友 3-0-0
5(右)楢岡 3-1-0
6(D)中島 2-0-0
7(二)中野 2-0-0
8(中)山﨑舞 3-2-1
9(捕)今井 2-0-0
 
 
※表記は左から[打順][ポジション][名前][打数]-[安打]-[打点]
 
試合結果の詳細はこちらをご覧ください。
 
【投手】
渚:5回(67球)打者18 被安打3 奪三振0 四死球1
萱野:1回0/3(18球)打者5 被安打1 奪三振2 四死球0
山﨑舞:1/3(14球)打者3 被安打1 奪三振1 四死球1
 
 
【戦評】
小雨が降る中行われたサーティーフォー相模原球場の後期開幕戦。
 
初回のレイアに先制点を取られる。
すぐさま取り返したいアストライア打線だが気持ちと裏腹に沈黙が続く。
 
緊張を振り切ったのは5回、2年目の楢岡。『絶対に出塁する気持ちだった』と打球をセンター前に運ぶヒットで出塁。続く中島は送りバントでチャンスを広げると楢岡は相手を欺く巧みな三盗で一打同点のチャンスをつくる。『チームの勝利だけを信じて、あとは無心でした』と山﨑舞はフルカウントから高めの球を叩き左中間ツーベースタイムリーヒットで同点に追いつく。

BY6V3740.jpg
【5回に同点タイムリーを放つ山崎 舞】
 
勢いはアストライアかと思われたが、最終回レイアの勢いに圧倒され、悔しいサヨナラ負け。前期に続き後期開幕黒星となった。
 
 
 
川保監督
『ピッチャーがとてもよく投げてくれました。ここぞという時のエラーと相手の里選手に同じやられ方をしているので、打撃の工夫をしていきます。』
 
 
【次回の対戦カード】
<ヴィクトリアシリーズ 東地区 第12戦>
7月5日(土)18:30〜
アストライア vs レイア
サーティーフォー相模原球場

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2258

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年7月 4日 21:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ヴィクトリアシリーズ東地区後期開幕戦】ヒロイン選手コメント」です。

次のブログ記事は「【7/4 公式戦結果】『仲間がつくったチャンスは必ず還す』石塚サヨナラヒットで後期開幕勝利」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。