【ジャパンカップ準々決勝 第1試合結果】6回に打線爆発で一挙5得点!ハマンジが準決勝へ!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただきありがとうございます。
第4回女子野球ジャパンカップ準々決勝第1試合の試合結果をお知らせいたします。
 
 
◆準々決勝 第1試合結果
 
ハマンジ 6-1 花咲徳栄高校 
 
ハマンジ
010 005=6
001 000=1
花咲徳栄高校
 
※大会規定により6回で試合終了。
 
【勝利投手】小林 夏希 (1試合1勝0敗)
【敗戦投手】船越 千紘 (1試合0勝1敗)
 
▽本塁打:なし
▽三塁打:なし
▽二塁打:岡田(徳)
 
試合の詳細はこちらをご覧ください。
 
 
<ハマンジ>
 
【打者】
 
1(捕)高島 4-1-0
2(遊)大木島  3-1-1
3(二)八木  2-1-0
 二 金子  0-0-0
4(一)野原  4-3-2
5(左)金久保 3-1-1
6(三)田上  3-1-1
7(右)田中  2-1-0
 右 川俣  2-0-0
8(D)丸山  2-2-1
 打 宮田 1-1-0
9(中)望月  1-0-0
 中 奥川 0-0-0
 
【投手】
坪井:4回(71球)打者18 被安打4 奪三振2 四死球2
小林:2回(38球)打者8 被安打1 奪三振3 四死球0 

 
<花咲徳栄高校>
 
【打者】
 
1(二)佐藤 3-0-0
2(中)本田  1-0-0
  中 三枝  2-1-0
3(三)岡田 2-1-1
4(投)船越  3-0-0
5(左)奥田 2-1-0
 打 鈴木  1-0-0
6(右)大塚  2-0-0
 打 志村 1-0-0
7(遊)金子  2-1-0
 打 桐原  1-1-0
 走 宇佐美 0-0-0
8(一)川田  1-0-0
 打 奥山  1-0-0
9(捕)廣谷  2-0-0
 
【投手】
船越:6回(137球)打者34 被安打12 奪三振4 四死球3

 
※表記は左から[打順][ポジション][名前][打数]-[安打]-[打点]
 
 
【戦評】
 
高校生とクラブチームとのアマチュアの対決となった準々決勝第1試合。
2回ハマンジは先頭の4番野原がピッチャー強襲の内野安打で出塁後
2死から7番田中がセンター前ヒットを放ち2死1,3塁とチャンスを広げ、
それに応えるかのように8番丸山がセンター前へタイムリーヒットを放ち先制。
 
しかし花咲徳栄は3回、1死から代打の三枝がセンター前ヒットで出塁すると、
すぐさま盗塁決め、1死2塁の場面で3番岡田がセンターの頭上を越えるタイムリーツーベースヒットを放ち
試合を振り出しに戻した。
 
そのまま両チーム譲らず迎えた6回表のハマンジの攻撃。
代打の宮田がセンター前ヒット、相手のミスもあり1死満塁のチャンスを作ると2番大木島のセンター犠牲フライで逆転に成功。
送球が逸れる間にランナーもそれぞれ進塁し、その後4番野原、5番金久保、6番田上の3連続タイムリーヒットが飛び出し、計5得点の猛攻を見せた。
 
ハマンジは坪井と小林の継投で花咲徳栄の打線を5安打1失点に抑え、初出場ながら準決勝進出を決めた。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2695

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年11月 3日 23:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ジャパンカップ準々決勝第4試合】ヒロインコメント、監督コメント」です。

次のブログ記事は「【ジャパンカップ準々決勝 第2試合結果】好調アストライア打線が今日も爆発!明日の準決勝へ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。