女王決定戦 第2戦へ向けて。松村監督の構想。

| コメント(0) | トラックバック(0)




























【女王決定戦 第1戦、先発矢野選手の不調もリリーフ植村選手がしっかりと仕事を果たし、打っては池山選手がプロ初本塁打。大事な1戦で力を出せるチームを作り上げた、松村監督。第2戦への構想をインタビューしました。】

 
【第2戦で女王の座を勝ち取るために、取り組むことを教えてください。】
 
主に状況に応じた守備練習を行います。バッティングに関してはフローラ打線に自信を持っています。彼女たちは大変よく練習しますし、第2戦でも思い切り良く振ってくれるでしょう。緊張した場面での判断を誤らないように、様々な状況を想定し守備練習を行います。
バッティングは強打が得意だからこそ、バント練習を行います。短期決戦でのバントはとても大切です。送るバント、自分も生きるバント、一点を取るバント、やるべきバントが何であるのか意識して確実に決める練習を行います。
 
 
【松村監督がフローラの選手に期待していることを教えてください。】
 
小西美加選手は打撃面では出塁にこだわって欲しいです。登板の機会もあります。どんな場面でもベストピッチングして欲しいです。
 
小西つどい選手はいつもと変わらない堅実な守備を徹底して欲しいです。彼女は特別なことを考えるのではなく、いかにいつも通りプレイするか、打撃でも繋ぎ役としての働きに期待しています。
 
三浦伊織選手はまずは出塁です。塁に出て足でかき回して流れを呼び込んで欲しいです。そしてここ一番での一打に期待しています。
 
中村香澄選手は4番として堂々とフルスイングして欲しいです。凡打を恐れる必要はありません。
 
中村茜選手は捕手としてボールを後ろにやらない、投手のいいところを引き出して欲しいです。打撃では魅力である思い切りの良さが最近隠れているので、あてにいくのではなくフルスイングして欲しいです。
 
池山選手は勝負での気持ちの強さに定評があります。勝負強いバッティングと長打に期待です。
 
塩谷選手はファーストでのグラブさばき、今期何度もチームを救いました。第2戦でも安定のグラブさばきに期待しています。打撃ではしつこさが売りなので相手が嫌がるほどの粘りを見せて欲しいです。
 
金山選手は足を生かし、出塁し守備を困惑させるような走塁を見せて欲しいです。守備では確実な捕球、送球を引き続き徹底して欲しいです。
 
田口選手は細かさは要りません。ストライクは全部フルスイングする強い気持ちで打撃に向かわせます。
 
佐伯選手はルーキーとして大事な場面で緊張することもあるかもしれません。だからこそ、残りの日数ではしっかりとシミュレーションし、当たり前のことを当たり前にするということを意識して欲しいです。
 
岩田選手はチャンスを自らの手で掴んで欲しいです。岩田選手の準備がチームを奮起させます。
 
 
【アストライア、川保監督の戦術に警戒していることはありますか。】
 
川保監督は仕掛けがとても早いです。想定し、やられないように未然に警戒します。
 
【フローラの選手1人ひとりの持ち味を理解し、良さを引き出す名監督。
敵地埼玉でも松村フローラは投打の爆発を見せそうです。】
 

 

b90d4d3eaaa5f42edef12cff1209b788.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2733

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年11月14日 15:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女王決定戦 第2戦へ向けて。アストライア注目3選手インタビュー!」です。

次のブログ記事は「女王決定戦 第2戦へ向けて。川保監督の意気込み!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。