女王決定戦 第2戦へ向けて。フローラ注目3選手インタビュー!

| コメント(0) | トラックバック(0)

【女王決定戦 第1戦 勝利をホームわかさスタジアム京都で飾ったフローラ。悲願の初女王まであと一勝となりました。これまで打率.500のキャプテン三浦伊織選手、エース矢野みなみ選手、そして第1戦でプロ初本塁打を放ち今ノリに乗っている池山あゆ美選手にインタビューしました。】

 
【まずは第1戦、振り返ってみていかがですか。】
 
三浦伊:第1戦はいい感じで打てていましたがチャンスの場面でランナーを返すことができませんでした。なので、第2戦までは数多くバットを振り込むというより一球に集中して練習に取り組みます。
 
 
【いいプレーが出た選手もいれば課題の浮かんだ選手もいたかと思います。第2戦へ向けての調整方法を教えてください。】

矢野:技術面ではもう一度、制球面の確認をピッチングで行い、次の1勝にだけ集中できるよういいイメージをします!

 
池山:レギュラーシーズンを通して今までやってきた試合へ向けての準備を残りの日数でも同じように取り組んでいきます。打撃練習でヒットを打つための準備をすることはもちろんですが、打線で得点に絡むことが試合の中で自分の最大の役割なので、バントや右方向へ打球を飛ばすことや、犠牲フライを想定した打撃など、いろいろな状況を想定して練習していきます。
 
  10678666_781445521913432_1218518694485042399_n.jpg

 

 
 
 
 
 
 
 
 













【第2戦は敵地さいたまでの試合になります。遠征試合で気をつけていることなどありますか。】
 
矢野:食事面は栄養のバランスを考えています。そして遠征試合だけではないですが、なまものは避けます。
 
池山:睡眠時間を大切にしてコンディションを整えることを大切にしています。
 
 
【第2戦を最終戦にしたいフローラ、どんな気持ちで試合に向かわれますか。】
三浦伊:フローラは昨シーズン、最後の最後で優勝を逃してしまい、悔しい思いをしました。今年こそは優勝!!を合言葉にチーム一丸となって戦ってきました。この一年間取り組んで来たことを、出しきれるようにしっかり準備して精一杯のプレーをしていきます!
 
矢野:この一年で学んできた事を生かしてどんな場面でも粘りのピッチングができるよう、調整していきます。
 
池山:この試合を迎えて、優勝するために一年間一戦ずつ戦い勝利を積み重ねてここまで来ましたが、この試合のためにやってきたという考え方よりも、今までと同じように目の前の試合に勝つ、とにかく勝つ、というようにシンプルに考えて挑んでいきます。
 
ffff40c640f1f8fbd0b26ca0632ba898.jpg
 
 

















【ファンの皆様に見てもらいたいプレーを教えてください。】

矢野:一年間の集大成です。私の強気のピッチングを是非見てください。

 
池山:得点に絡むことを考えてプレーしていくので、チャンスメイクや繋ぎ役、ポイントゲッター、どんな状況で打席が回ってきても状況に応じた打撃をしていきます。そういう所を見ていただきたいです。また得点圏にランナーがいる時には強い打球を打つことを意識して、思い切って振っていきたいと思います。次の県営大宮球場は両翼が広くフェンスも高いので、強くて速い打球を飛ばすことを考えてスイングしていきます!
 
DSC_0365.JPG

 

 
 
 
 
 













【それでは最後にキャプテンの三浦伊織選手、ファンの皆様にメッセージをお願いいたします。】
 
三浦伊:フローラらしく打線爆発し、最後まで全員で点を取りにいきます!一年間応援してくださったフローラファンの皆様に優勝という最高の報告が出来るように選手一同頑張ってきます。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2735

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年11月14日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【試合情報】女子プロ野球×吉本芸人スポヲチチームガチンコ対決」です。

次のブログ記事は「女王決定戦 第2戦へ向けて。アストライア注目3選手インタビュー!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。