【ジャパンカップ準決勝 第2試合結果】矢野みなみ(#26)が尚美打線を2安打完封!フローラ決勝進出!

| コメント(0) | トラックバック(0)
いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただきありがとうございます。
第4回女子野球ジャパンカップ準決勝第2試合の試合結果をお知らせいたします。
 
◆準決勝 第2試合結果
 
フローラ 3-0 尚美学園大学
 
フローラ
000 030 0=3
000 000 0=0
尚美学園大学
 
【勝利投手】矢野 みなみ (2試合2勝0敗)
【敗戦投手】吉川 可南子 (2試合1勝1敗)
 
▽本塁打:なし
▽三塁打:中村茜(フ)
▽二塁打:金山,三浦伊(フ)
 
試合の詳細はこちらをご覧ください。
 
 
<フローラ>
 
【打者】
 
1(三)小西美 4-1-1
2(二)小西つ  3-0-0
3(中)三浦伊 3-1-0
4(遊)中村香  2-0-1
5(D)池山  2-1-0
6(捕)中村茜  2-1-0
7(一)塩谷   1-0-0
8(左)田口   3-0-0
9(右)金山   2-1-1
 
【投手】
矢野:7回(87球)打者25 被安打2 奪三振4 四死球1
 
 
<尚美学園大学>
 
【打者】
 
1(二)荒井  2-0-0
2(中)小笠原  3-0-0
3(捕)寺部  3-1-0
4(遊)出口   2-0-0
5(右)森田  2-0-0
6(左)黒崎   3-0-0
7(一)中居   3-0-0
8(D)大槻   1-1-0
 走 内田    0-0-0
 D 長尾    1-0-0
9(三)加藤   1-0-0
 
 
【投手】
吉川:4回1/3(57球)打者19 被安打4 奪三振1 四死球1
田中:2回2/3(34球)打者11 被安打1 奪三振0 四死球2 
 
 
※表記は左から[打順][ポジション][名前][打数]-[安打]-[打点]
 
 
【戦評】
 
先発はフローラエースの矢野と尚美学園大学の吉川。
試合は4回まで両投手の投げ合いとなり、両チーム無得点のまま迎えた5回表のフローラの攻撃。
先頭の6番中村茜が右中間へのスリーベースヒットで出塁すると、7番塩谷もフォアボールで出塁。
なおも、無死1,3塁で8番田口はサードゴロの間に3塁走者の中村茜は本塁突入を心見るもタッチアウト。
しかしここで勢いが崩れないのが今年のフローラ。
1死1,2塁で打席には9番金山。走者を警戒した相手投手のワイルドピッチでがあり、1死2,3塁とチャンスを広げ、
金山はきっちりとスクイズを決めフローラが先制。なおもチャンスは続き、1番小西美にもセンター前へタイムリーヒットが飛出し追加点。試合の主導権を握った。
フローラ先発の矢野は尚美学園大学をわずか2安打完封に抑える好投でチームを初の決勝に導いた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2704

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年11月 4日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ジャパンカップ準決勝 第1試合結果】投打ががっちり!アストライアが2年連続となる決勝戦へ!」です。

次のブログ記事は「【ジャパンカップ決勝戦 試合結果】フローラが先発全員安打の16安打12得点でジャパンカップ初優勝!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。