【ジャパンカップ準々決勝第1試合】ヒロインコメント、監督コメント

| コメント(0) | トラックバック(0)
【ハマンジ 井坂学監督 コメント】

Q:準決勝進出おめでとうございます。
A:ありがとうございます。

Q:初めてのジャパンカップで見事初戦を突破しましたね。
A:対戦相手の花咲徳栄高校さんとは合同練習をしている仲ですので、
 お互いやり辛さがあった通りの試合展開になったのではないかと思います。
 その中でも先発の坪井選手がよくがんばってくれました。
 また最後の代打で宮田選手を起用しましたが、彼女は肩をずっと痛めていて、
 投げることができませんでした。
 それでも休まずに練習に励んで、ヒットを打ってつないでくれてよかったです。

Q:5回まで抑えられていた打線でしたが、打線に期待したいと仰っていた監督。
 そしてその打線に火をつけたのはキャプテンでしたね。
A:今シーズンの試合では打撃がよくなくて、点が取れませんでした。
 何が起こるかわかりませんね。私自身もチームの打線をあまり信用してませんが
 最後に点が取れてよかったです。

Q:ベンチではキャプテンの決勝打をどのようにご覧になっていましたか。
A:試合中にキャプテンがタッチアップのミスをしてしまったこともあり、
 それをどうにかして挽回してくれるだろうと期待していました。

Q:試合前に波にのると怖いチームだと言っていましたが、
 波にのりそうな初戦突破となりましたね。
A:なかなか後半に逆転して勝つというチームではないので、
 今日のような勝ち方ができ、波にのれると思います。


Q:明日は準決勝。アストライアと埼玉栄高校の勝者と戦います。
 意気込みをお願いします。
A:女子野球界発展のためには、クラブチームが元気でないと発展しないと思います。
 みなさんにいい野球を見せられるように、
 元気いっぱいにキビキビとした野球を見せたいと思います。


【ハマンジ 大木島美希選手 コメント】

Q:おめでとうございます。
A:ありがとうございます。

Q:今のお気持ちはいかがですか。
A:反省と嬉しさでいっぱいです。

Q:走塁で少しミスがありまして、想いを込めての打席だったと思いますが。
A:ごめんなさい!前のバッターである高島選手がバントのサインでした。
 これは"自分がやらなくちゃ"という気持ちでむかいました。あたってよかったです。

Q:チームを引っ張るキャプテンとして最高の仕事をしましたね。
A:キャプテンとしての働きはあまりしていないです。みんながすごく協力してくれるので。
 本当にみんなに支えられてキャプテンをしています。私は何もしていません。

Q:ジャパンカップ初出場のハマンジ。どんなチームですか。
A:浮かれちゃう部分もありますが、みんな楽しく野球やっています。
 でもやるときには、しっかりと気持ちをいれてやるように監督に指導されています。
 楽しく元気にがんばっていきます。

Q:創部10年目という節目の年に、クラブ選手権で初優勝を飾ったハマンジですが、
 ノリにのってますね。
A:のってますね!

Q:明日の試合の意気込みをお願いします。
A:自分たちでしっかり楽しんで、できれば勝ちたい。
 勝てるように次の試合をしっかりみて明日の試合に備えます。

 

 

【花咲徳栄高校 阿部清一監督 コメント】

Q:振り返っていかがですか?
A:難しいですね。

Q:相手は花咲徳栄高校の出身者も多く在籍しているハマンジでしたが。
A:結構一緒にプレーしてるので、その点はやりやすかったです。

Q:ハマンジの高島さんのバッティングを見ていて強打者だなと感じていたのですが、
 今回の大会では警戒しましたか?
A:やはり知っている選手なので警戒しました。

Q:花咲徳栄高校の選手、第2回大会の時よりも
 在籍する選手皆が良い身体つきをしているなと思いました。
A:そんなに感じたことはありませんが、冬場は走り込みしています。

Q:以前よりもチームが強くなってきているように思います。
A:やはりまだ女子野球は浅いですが、伝統あります。
 そういうのが根付いてきたんじゃないかと思います。

Q:花咲徳栄高校の伝統は?
A:諦めない野球です。

Q:ジャパンカップは他の大会に比べてどうでしたか?
A:やはり目指す子達が多いのでやりがいある大会です!

Q:来年リベンジですね。
A:そうですね!ぜひプロチームとやりたいです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2699

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年11月 3日 20:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ジャパンカップ1回戦 第3試合結果】小西美加(#18)の猛打賞の活躍で準々決勝進出!」です。

次のブログ記事は「【ジャパンカップ準々決勝第2試合】ヒロインコメント、監督コメント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。