【ジャパンカップ1回戦 第3試合結果】小西美加(#18)の猛打賞の活躍で準々決勝進出!

| コメント(0) | トラックバック(0)

いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただきありがとうございます。
第4回女子野球ジャパンカップ1回戦第3試合の試合結果をお知らせいたします。
 
◆1回戦 第3試合結果
 
フローラ 7-3 アサヒトラスト
 
フローラ
021 002 2=7
100 010 1=3
アサヒトラスト
 
【勝利投手】矢野 みなみ(1試合1勝0敗)
【敗戦投手】荒木 未来 (1試合0勝1敗)
 
▽本塁打:なし
▽三塁打:小西美(フ)
▽二塁打:中村茜,塩谷,田口,三浦伊,金山(フ)加藤,寺田(ト)
 
試合の詳細はこちらをご覧ください。
 
 
<フローラ>
 
【打者】
 
1(三)小西美 5-3-1
2(二)小西つ  3-0-0
3(中)三浦伊 3-1-1
4(遊)中村香  4-1-0
5(D)池山 3-1-1
 三岩田  0-0-0
6(捕)中村茜  4-1-0
7(一)塩谷  3-1-1
8(左)田口  3-2-1
9(右)金山  2-2-2

 
【投手】

矢野:6回 (77球)打者25 被安打5 奪三振5 四死球2
小西美:1回(26球)打者5  被安打2 奪三振1 四死球1
 
 
<アサヒトラスト>
 
【打者】
 
1(左)加藤 1-1-0
2(遊)寺田  2-1-1
3(中)志村 4-2-1
4(捕)有坂  3-1-1
5(右)金子 3-0-0
6(一)鈴木  3-0-0
7(D)中田  3-1-0
8(三)川島  2-1-0
 (走)笠原 0-0-0
9(二)小高  3-0-0

 
【投手】

荒木:5回1/3(108球)打者28 被安打11 奪三振1 四死球2
有坂:1回2/3(39球) 打者10 被安打1  奪三振4 四死球3
 
※表記は左から[打順][ポジション][名前][打数]-[安打]-[打点]
 
 
【戦評】
 
1回アサヒトラストは1番加藤の右中間ツーベースヒットから無死満塁のチャンスを作ると
4番有坂がセンター前タイムリーヒットを放ち先制。
 
対するフローラは2回、1死から6番中村茜がレフト線ツーベースヒットで出塁すると
7番塩谷がレフト線タイムリーツーベースヒットを放ちすぐさま同点。
続く8番田口にも左中間タイムリーツーベースヒットで逆転に成功。
3回にも1点を追加し、アサヒトラストを3-1と引き離した。
 
アサヒトラストは5回、1死から1番加藤がフォアボールで出塁すると2番寺田が送りバントを決め2死2塁とチャンスをつくり、
3番志村がライト前タイムリーヒットを放ち1点差に詰め寄り意地をみせる。
 
しかし6回には小西美のタイムリーヒット、三浦伊の犠牲フライで
2点を追加し再び5-2とフローラに引き離した。勢いの止まらないフローラ打線は7回にも1死満塁から
9番金山のタイムリーでレフトオーバー2点タイムリーツーベースヒットで7-2と試合を決めた。
 
投げては、矢野が2回以降は本来のピッチングを取り戻し、最終回は小西美が1点を奪われるも粘りのピッチングを魅せ、明日の準々決勝進出を決めた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2693

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年11月 2日 20:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ジャパンカップ1回戦 第2試合結果】尚美学園大学が寺部歩美(#18)出口彩香(#36)の活躍で大逆転勝利!」です。

次のブログ記事は「【ジャパンカップ準々決勝第1試合】ヒロインコメント、監督コメント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。