【ジャパンカップ1回戦第1試合】勝利チームコメント

| コメント(0) | トラックバック(0)
【アストライア 川保麻弥監督 コメント】

Q:今回のジャパンカップ、どのような気持ちで挑みましたか?
A:レギュラーシーズンでの東地区優勝を決めて、そこからまた気を引き締めました。
 平成国際大学といういいチームと対戦だったので、
 初戦は絶対に勝つという気持ちで臨みました。

Q:試合前に、挑戦者の気持ちで先手を取っていきたいと話していましたが、
 初回に3点を奪い主導権を握りましたね。
A:先攻後攻を決めるときに、川端選手には勝って先攻を取ってくるように話していました。
 その通りに先攻を勝ち取り、初回3点奪えてとてもいい流れを作れたと思います。

Q:ただ初回3点を奪いましたが、ワールドカップベストナインにも選ばれた
 先発笹沼選手に苦しめられた場面もありましたね。
A:すごく良いピッチャーなので、バントなどの小技を使っていこうと話をしていました。
 中島選手がきちんと投げて良いリズムを作ってくれたことがバッティングにも
 つながったと思います。

Q:そこで決めてくれたのが、頼れるキャプテン川端選手でした。
A:満塁の場面で回ってきて、3度目の正直ということで川端選手も気合が入っていましたね。


Q:明日は、川保監督の母校である埼玉栄高校との戦いです。
 意気込みはいかがでしょうか。
A:アストライアには埼玉栄高校出身の選手も多いですし、
 恩師との対決ということで先生の胸を借りて"挑戦者"として戦いたいと思います。


【アストライア 中島梨紗選手 コメント】

Q:ナイスピッチングでした。今の気持ちはいかがですか。
A:正直、勝ててほっとしています。

Q:昨年の大会も初戦が平成国際大学。
 そのときも先発ピッチャーが中島選手でした。
 昨年のピッチングと比べていかがでしたか。
A:前回のピッチング内容をあまり覚えていませんが、
 とにかく一人ひとり集中して抑えていこうという気持ちで投げました。

Q:その気持ちで無失点。見事おさえてくれましたね。
A:ありがとうございます。

Q:昨年敗退した平成国際大学もリベンジを望んでいたと思います。
 対戦してみていかがでしたか。
A:ワールドカップでチームメイトだった選手が4人もいたので、すごく楽しみでした。
 対決できてよかったです。

Q:次回はどんなピッチングを見せてくれますか?
A:いつもと変わらず、一人ひとりを打たせて取るというピッチングを
 続けていきたいと思います。

【アストライア 川端友紀選手 コメント】

Q:勝負を決めるダメ押しのタイムリー、ナイスバッティングでした。
A:笹沼選手もすごくいいボールを投げていました。
 満塁の場面が3回目ありましたが、3度目の正直ということで
 チャンスの場面で打つことができてよかったです。

Q:非常に見ごたえのある日本代表同士の対決でしたが、プロの意地を見せましたね。
A:負けるわけにはいかないという強い気持ちを持って、バッターボックスに立ちました。

Q:監督から聞いた調子のいい選手の中に川端友紀選手の名前もあがっていました。
 見事期待に応えてくれましたね。
A:最近練習でも調子がいいので、試合でも結果が残せるように
 これからも頑張りたいと思います。

Q:全体的に試合を振り返ってみて、チームとしてはいかがでしたか。
A:最初からチームの雰囲気もよかったです。
 いつもジャパンカップでは固くなることが多いですが、
 今日は楽しくアストライアらしい試合できたと思います。

Q:最後に、チームを代表してファンのみなさんに明日の意気込みをお願いします。
A:ジャパンカップで優勝するためには、まだまだ勝たなければいけません。
 みなさんのご声援を力に変えて頑張っていきますので、これからもご声援をお願いします。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2691

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年11月 2日 18:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11月2日(日)第4回女子野球ジャパンカップ1回戦結果」です。

次のブログ記事は「【ジャパンカップ1回戦第2試合】勝利チームコメント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。