【ジャパンカップ1回戦第2試合】勝利チームコメント

| コメント(0) | トラックバック(0)
【尚美学園大学 新谷博監督 コメント】

Q:劇的なゲームとなりましたね。
A:ナイスゲームでしたね。

Q:相手は教え子の里投手でした。いかがでしたか?
A:ワールドカップでもMVPを取って、世界一のピッチャーなので
 1年間彼女の投げる球を打つことを目標にやってきたのでよかったです。

Q:今日の選手の戦いぶりをどのようにご覧になりましたか?
A:僕のほうがたくさん教えてもらった試合でした。選手たちは本当に頼もしいです。

Q:昨年の大会では悔しいコールド負けでした。
 その悔しさが今日の試合につながったのではないかと思いますがいかがですか?
A:昨年コールド負けして、1年間リベンジのために準備してきました。
 選手たちも頑張ってくれて、それが実ったいいゲームでした。

Q:5回の寺部選手の同点タイムリー、出口選手の勝ち越しタイムリーを
 ベンチでどのようにご覧になっていましたか?
A:寺部選手、出口選手ともう一人、5番打者の森田が本当にしぶとい選手で
 本当頼りになるクリーンナップです。

Q:明日は蒲田女子高校と対戦です。しぶとい野球を明日も見せてくれますでしょうか?
A:目標としていたプロチームに勝つことができ、
 逆にほっとして高校生に負けてしまうかもしれないと少し不安ですが、頑張ります。

【尚美学園大学 寺部歩美選手 コメント】

Q:今の気持ちはいかがですか。
A:素直にうれしいです。

Q:5回満塁から起死回生の同点タイムリー、ご自身のバッティングはいかがでしたか。
A:一球に集中してなんとか後ろに回せば、打ってくれると思っていたので、
 回すことができてよかったです。

Q:手ごたえはいかがでしたか。
A:最高でした。

Q:そして打った相手が全日本チームメイトでもある里投手でしたね。
A:いいピッチャーなので、一球一球集中して思い切り打っていく気持ちで臨みました。


【尚美学園大学 出口彩香選手 コメント】

Q:プロを破った今の気持ちはいかがですか。
A:プロを倒すという1年間練習してきたので、まだまだですがよかったです。

Q:監督からもしぶとい選手だと言われていましたが、
 しぶといバッティングを魅せてくれましたね。
A:何が何でも後ろにつなげるという気持ちで、しぶとく打ちました。

Q:そして、相手の里投手はW杯日本代表でチームメイトでした。いかがでしたか。
A:世界一のピッチャーなので、すごかったです。

Q:チームを代表して、明日の蒲田女子高校戦に向けて意気込みをお願いします。
A:明日も尚美の野球を見せていきますので、応援よろしくお願いします。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2692

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年11月 2日 18:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ジャパンカップ1回戦第1試合】勝利チームコメント」です。

次のブログ記事は「【ジャパンカップ1回戦第3試合】勝利チームコメント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。