【ジャパンカップ準々決勝第3試合】ヒロインコメント、監督コメント

| コメント(0) | トラックバック(0)
【尚美学園大学 新谷博監督 コメント】

Q:準決勝進出おめでとうございます。
A:ありがとうございます。

Q:昨日はプロに勝ち、今日は気を引き締めて臨むとおっしゃっていましたが、
 見事な勝利でした。
A:勝てて良かったです。

Q:昨日のインタビューで名前の出ていた森田選手が今日は3打点とチームを引っ張りましたね。
A:目立たないヒットなので、気づいていませんでした。

Q:しっかりと期待に応えてくれましたね。
A:そうですね。普段からしぶといバッティングをしてくれるので、期待しています。

Q:投げる方では先発の長尾投手が1失点の完投勝利。どのようにご覧になっていましたか。
A:立ち上がりに不安があったので、後ろのピッチャーも準備はさせていましたが、
 3回ぐらいから落ち着いたので安心して見ていました。

Q:昨日からの連勝でチームのムードは最高なのではないですか。
A:品等に1つずつ丁寧にいかないといけないので、
 準決勝にはさらに強いチームが来るので、まだ安心できません。

Q:明日はとうとう準決勝です。
A:出てくる全てのチームがレベルの高いチームなので気は抜けません。

Q:明日も期待しています。
A:ありがとうございました。


【尚美学園大学 森田笑佳選手 コメント】

Q:2打席連続のタイムリーでチームを引っ張りましたね。
A:そんなことないです。

Q:ご自身のバッティングはどのように分析しますか。
A:チームメイトがチャンスで自分に打席をまわしてくれたので、思い切ってスイングしました。

Q:新谷監督のおしゃっていたしぶといバッティングだったと思います。
A:練習通りに打つことが出来ました。

Q:昨日の試合もそうでしたが、尚美学園大学は本当に勢いのあるチームですね。
A:出口キャプテンが良い雰囲気を作ってくれているので、
 自分たちも思いきって出来ています。

Q:明日の準決勝への意気込みをお願いします。
A:自分たちの野球をして勝つことだけを考えて臨みます。


【尚美学園大学 寺部歩美選手 コメント】

Q:昨日から数えて5打席連続安打を記録しています。
A:出来すぎていて、少し怖いです。

Q:6打数5安打、好調の理由はなんでしょうか。
A:1球に集中して、後ろに回すことだけを考えているので、
 それが良い結果につながっていると思います。

Q:先発の長尾投手のピッチングはどのようにご覧になっていましたか。
A:序盤は球が浮いていたので、低めを意識させました。

Q:明日の準決勝への意気込みをお願いします。
A:明日が大会最終日になるので、大切に戦っていきます。

 

【蒲田女子高校 秋元進監督 コメント】

Q:本日の試合振り返っていかがですか?
A:やはりピッチャーが持ちこたえられませんでした。
 夏で一度引退した三年生の練習不足でした。
 大会に出るからにはもう少し善戦したかったですね。
 打撃は最初良かったですが、牽制でアウトなったりと勿体ない場面が何個かありました。
 大学生レベルのチームと戦う際にはそういう所もきっちり無くさなければと思います。

Q:今大会どのように臨みましたか?
A:やるからには優勝目指しましたが駄目でしたね。

Q:来期に向けてお願いします。
A:三年生が6人も抜けてしまうので戦力落ちますが、
 新人に良い選手がいるので、現在籍の選手と新しい選手とで
 上手くミックスしたチームを作り、強くしたいですね。

Q:来季は具体的にはどういったイメージですか?
A:やっぱりピッチャー中心に守るチームを作りたいと思います。
 練習も限られていて打撃中心になってしまいますが、
 それでも良い投手来ると簡単には打てませんから。

Q:やはり野球はピッチャーが大切ですか?
A:とても大切なポジションですね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/2701

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2014年11月 3日 21:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ジャパンカップ準々決勝第2試合】ヒロインコメント、監督コメント」です。

次のブログ記事は「【ジャパンカップ準々決勝第4試合】ヒロインコメント、監督コメント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。