【活動報告】文京区でティーボール教室を開催しました!

| コメント(0) | トラックバック(0)
いつも埼玉アストライアに温かいご声援をいただき、ありがとうございます。
 
11/8(日)、松永栞選手(#10)、磯崎由加里選手(#16)、萱野未久選手(#21)が東京都文京区に行ってきました。
 
ダウン症と闘う子供たちを対象に、ティーボールをベースにしたゲームで交流しました!

※ダウン症とは
正式名は「ダウン症候群」で、染色体の突然変異によって起こり、通常、21番目の染色体が1本多くなっていることから「21トリソミー」とも呼ばれます。この染色体の突然変異は誰にでも起こり得ますが、ダウン症のある子は胎内環境がよくないと流産しやすくなるので、生まれてきた赤ちゃんは淘汰という高いハードル乗り越える強い生命力をもった子なのです。
ダウン症の特性として、筋肉の緊張度が低く、多くの場合、知的な発達に遅れがあります。発達の道筋は通常の場合とほぼ同じですが、全体的にゆっくり発達します。
心疾患などを伴うことも多いのですが、医療や療育、教育が進み、最近ではほとんどの人が普通に学校生活や社会生活を送っています。
 
 
tee1108.jpg
▲子どもたちと交流する選手たち
 
tee2-1108.jpg
▲ティーボールをベースにしたゲームを実施しました!
 
初めて野球に触れる子もいましたが、みんなとても楽しんでくれている様子でした!
室内での開催でしたが、鋭い打球を連発する子や、きれいなスイングをする子も多く、会場は拍手と笑顔に包まれていました☆
萱野選手も「今日をきっかけに野球を好きになって、野球を始めてほしい!」と指導に熱が入っている様子でした^^
 
ティーボール大会終了後は懇親会にも参加させていただき、アストライアの事や普段の練習のことなどについてお話させていただきました。
 
tee3-1108.jpg
▲懇親会では多くの方とお話しできました!
 
 
松永選手は「子どもたちが真剣にスイングする姿を見て、元気を貰えたし、自分たちももっと頑張らないといけないな、と感じました!」
と話してくれました。
 
 
参加してくださった皆さん、この場を用意してくださった関係者の皆さん、本当にありがとうございました!
ぜひ来年は球場にも遊びに来てください♪
tee4-1108.jpg
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/4184

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2015年11月10日 11:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【活動報告】スーパー埼野人になろう!ファン交流会を行いました。」です。

次のブログ記事は「【イベント情報】野球教室@ふじみ野を行います!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。