【5/8公式戦結果】佐藤(#6)起死回生の同点打も延長線で惜敗し連勝ストップ。

| コメント(0) | トラックバック(0)
いつも埼玉アストライアに温かいご声援をいただき、ありがとうございます。
 
5月8日(日)市営浦和球場にて、京都フローラとの試合を行いましたのでお知らせいたします。
 
■試合結果
 
京都フローラ
 
003 110 02 =7
 
100 300 10 =5
 
埼玉アストライア
 
球場:市営浦和球場
 
投手:萱野(4回)、坂東(1回)、谷山(3回)
 
捕手:今井(8回)
 
▽本塁打:なし
 
▽三塁打:川端友紀
 
▽二塁打:楢岡、佐藤、川端友紀
 
【打者】
1(二)中野  2-0-0 
2(左)佐藤  3-2-1
3(D)山崎まり  2-0-0
 打 奥村 2-0-0
4(遊)川端友紀  3-2-1 
5(右)楢岡  4-1-1 
6(一)岩谷  4-1-1 
7(中)三浦由美子  1-0-0
 打 加藤 2-1-0
8(捕)今井  3-0-0
9(三)出口  3-3-1 
 
※表記は左から[打順][ポジション][名前][打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
萱野:4回(86球)打者21 被安打4 奪三振0 四死球5
坂東:1回(12球)打者4 被安打2 奪三振0 四死球0
谷山:3回(44球)打者14 被安打2 奪三振0 四死球2
 
 
※表記は左から[打順][ポジション][名前][打数]-[安打]-[打点]
 
【戦評】
さいたま市スペシャルデー「Familyシリーズ」2日目は延長戦の末7-5で惜敗。連勝が4で止まった。
アストライアは3点を追う4回、無死1塁から5番楢岡、6番岩谷の連続タイムリーで1点差に迫ると、2死3塁から9番出口が執念のタイムリー内野安打で同点に追いつく。
1点を勝ち越された7回には今日3本目のヒットで出塁した出口を2塁に置き、2番佐藤が左中間へ起死回生の同点タイムリーツーベースヒット。そのまま試合は延長戦にもつれ込む。
 
しかし8回、2点を失うとその裏三者凡退に打ち取られ万事休す。
チームは5連勝を逃し、勝率を5割に戻した。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/4881

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2016年5月 8日 20:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【試合結果】小西美加(#18)投げては初勝利、打ってはマルチの活躍!」です。

次のブログ記事は「5.15のオリックス公式戦で川端友紀選手と加藤優選手が始球式に登場!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。