【試合結果】岩見香枝(#10)2安打5打点の反撃で明日に繋ぐ

| コメント(0) | トラックバック(0)
いつも京都フローラに温かいご声援をありがとうございます。
 
5月2日(月)わかさスタジアム京都にて、「エルハウジングPresents ヴィクトリアシリーズ 京都フローラVS埼玉アストライア 第3戦」を行いましたのでお知らせいたします。
 
 
■試合結果
 
京都フローラ 7対13 埼玉アストライア
 
 
埼玉アストライア
113 622 0=13
000 140 2 =7
 
京都フローラ
 
投手:小西美加、笠原、塩谷、只埜
捕手:秋山、中村茜
 
▽本塁打:なし
▽三塁打:なし
▽二塁打:金山 亜莉紗、岩見 香枝 (2) 
 
 
【打者】
 
1(右)捕 中村茜 3-1-0
2(二)小西つどい 2-0-0
  打二 岩田きく 2-0-0
3(中)三浦伊織 3-0-0
4(D)池山あゆ美 4-1-0
5(一)田口紗帆 4-3-0
6(三)投 只埜 榛奈 4-2-0
7(捕)秋山かおり 2-0-0
  右 橋本ひかり 2-2-1
8(遊)岩見香枝 4-2-5
9(左)金山亜莉紗 2-1-1
 
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
詳細はこちらをご覧ください。
 
 
【投手】
 
小西美加:2回(57球)打者13 被安打4 奪三振2 四死球4
笠原優子:2回(66球)打者15 被安打7 奪三振0 四死球3
塩谷千晶:2回(48球)打者12 被安打4 奪三振1 四死球2
只埜榛奈:1回(17球)打者6   被安打2 奪三振0 四死球0
 
【戦評】
 
わかさスタジアム京都で行われた、京都フローラvs埼玉アストライア 第3戦は、埼玉アストライアに13-7で敗戦となった。

初回、埼玉アストライア先頭打者の1番中野がフォアボールで出塁、無死1塁から2番佐藤がライト前ヒットでチャンスを広げ、3番山崎まりが四球を選び、無死満塁から4番川端友紀の内野ゴロの間に1点を先制される。

その後も追加点を許すが、4回裏、6番只埜のヒット、9番金山のレフトオーバータイムリーツーベースヒットで1点を返す。

更に5回裏、4番池山、5番田口、6番只埜と続けてヒットで出塁すると、7番橋本のタイムリーヒットで1点を追加。続く8番岩見が左中間3点タイムリーツーベースヒットを放ち、この回5点を返す。

7回裏にも8番岩見の2点タイムリーツーベースヒットにより7点とするも、アストライア打線の勢いを止めることはできず勝利は明日へ持ち越しとなった。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/4837

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2016年5月 2日 15:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ニコニコ会員限定】5/15(日)試合チケットを抽選で視聴者プレゼント」です。

次のブログ記事は「【5/2公式戦結果】磯崎(#11)待望の1勝目!先発全員の17安打13得点で快勝!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。