【試合結果】エース矢野みなみ1回無失点の好投で復活、明日の勝利に期待。

| コメント(0) | トラックバック(0)
いつも京都フローラに温かいご声援をありがとうございます。
 
5月14日(土)淡路佐野運動公園野球場にて、「ヴィクトリアシリーズ 兵庫ディオーネ VS 京都フローラ第5戦」を行いましたのでお知らせいたします。
 
 
■試合結果
 
兵庫ディオーネ 6対5 京都フローラ
 
京都フローラ
130 001 0=5
402 000 X=6
兵庫ディオーネ
 
投手:植村、矢野
捕手:秋山、中村
 
▽本塁打:なし
▽三塁打:なし
▽二塁打:岩見
 
【打者】
 
1(右)小西美加 3-1-1
2(二)小西つどい 3-1-1
3(中)三浦伊織 3-0-1
4(D)池山あゆ美 4-2-0
5(一)田口紗帆 2-0-0
6(三)只埜 榛奈 2-0-0
 打三 大澤靖子 1-0-0
7(捕)秋山かおり 2-1-
 打捕 中村茜 1-0-0
8(遊)岩見香枝 3-2-0
9(一)金山亜莉紗 2-1-1
 
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
詳細はこちらをご覧ください。
 
【投手】
植村美奈子:5回(100球)打者26 被安打9 奪三振2 四死球3
矢野みなみ:1回(25球)打者6 被安打1 奪三振0 四死球2
 
【戦評】
約2ヶ月ぶりとなった淡路島での兵庫ディオーネ戦は6-4で惜しくも敗戦となった。
 
初回、1番に起用された小西美加がヒットで出塁すると、盗塁とバントで1死3塁のチャンスを作る。
ここで3番三浦伊織がきっちり犠牲フライを放ち1点を先制。
 
3点を追う2回には1死満塁と攻め立て、1番小西美加の犠牲フライ、2番小西つどいのタイムリーヒットなどで同点に追いつく。
 
しかし、先発植村が3回に2点を勝ち越され、再度追いかける展開に。
 
6回には2番手として右のエース・矢野を投入。
ピンチを招きながらも1回を無失点に抑えるピッチングを見せ、反撃ムードを作ったものの、7回3人で打ち取られ試合終了となった。
 
明日はほっともっとフィールド神戸でのスペシャルコラボマッチ。
エース・矢野の復活、主砲・池山はマルチヒットなど光明は見えている。
心機一転明日は快勝を狙いたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/4906

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2016年5月14日 06:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【試合情報】5/21越谷市民応援デーは『ピクニックシリーズ』」です。

次のブログ記事は「【試合結果】5/14(土)監督・キャプテンインタビュー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。