【京都フローラvs埼玉アストライア第3戦】試合結果

| コメント(0) | トラックバック(0)
いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
日本女子プロ野球リーグ2016ヴィクトリアシリーズ 京都フローラvs埼玉アストライア第3戦の試合結果をお知らせいたします。
 
 
■試合結果
埼玉アストライア 13対7 京都フローラ
 
埼玉アストライア
113 620 0=13
000 140 2=7
京都フローラ
 
(京)小西美加(2回0/3),笠原(2回),塩谷(2回),只埜(1回)-秋山,中村茜
(埼)磯崎(4回),坂東(1回),谷山(1回),山崎舞(1回)-今井,熊﨑
 
 
【球場】
わかさスタジアム京都

<京都フローラ>
【打者】
1(右)捕 中村 茜    3-1-0
2(二)   小西 つどい 2-0-0
 打二 岩田 きく   2-0-0
3(中)    三浦 伊織   3-0-0
4(D)     池山 あゆ美 4-1-0
5(一)    田口 紗帆   4-3-0
6(三)投 只埜 榛奈   4-2-0
7(捕)    秋山 かおり 2-0-0
 右    橋本 ひかり 2-2-1
8(遊)   岩見 香枝   4-2-5
9(左)   金山 亜莉紗 2-1-1

【投手】
小西美加:2回(57球)打者13 被安打4 奪三振2 四死球4
笠原優子:2回(66球)打者15 被安打7 奪三振0 四死球3
塩谷千晶:2回(48球)打者12 被安打4 奪三振1 四死球2
只埜榛奈:1回(17球)打者6 被安打2 奪三振 0 四死球0
 
<埼玉アストライア>
【打者】
1(二)  中野 菜摘 3-1-0
2(左)中 佐藤 千尋 3-2-0
3(D)   山崎 まり 2-1-0
4(遊)  川端 友紀 4-1-2
5(右)  楢岡 美和 5-4-2
6(一)  岩谷 美里 4-2-1
7(中)   三浦 由美子 3-1-1
 打左 加藤 優  2-1-1
8(捕)   今井 志穂 2-2-2
 打捕 熊崎 愛  2-0-0
9(三)   出口 彩香 5-2-2
 
【投手】
磯崎由加里:4回(70球)打者19 被安打3 奪三振2 四死球4
坂東瑞紀:1回(33球)打者9 被安打5 奪三振0 四死球1
谷山莉奈:1回(17球)打者3 被安打0 奪三振1 四死球0
山崎舞:1回(28球)打者7 被安打4 奪三振 0 四死球0
 
【戦評】
わかさスタジアム京都で行われた京都フローラvs埼玉アストライア第3戦はアストライアの快勝となった。
 
アストライアの先発は今シーズンここまで勝ち星のない磯崎。エースに初勝利をプレゼントしたい打線は序盤からフローラ先発・小西美加を攻め立てる。制球の定まらない小西美加から小刻みに得点を重ね、磯崎を援護する。アストライアが5点リードで迎えた4回、先頭の1番中野がプロ通算99安打目となるヒットで出塁すると、無死満塁から4番川端友紀がきっちり犠牲フライを放ち1点を追加。なおも1死1、2塁から楢岡がレフトの頭上を越えるタイムリーツーベースヒットを放つと、これを皮切りに楢岡、岩谷、三浦由美子、今井、出口と怒涛の5者連続タイムリーヒット。打者10人の猛攻で一挙6得点を挙げフローラを突き放す。
 
反撃したいフローラは5回裏、2死満塁から7番橋本、8番岩見の連打で4点を返す。7回にも2点を追加するものの、序盤の大量失点が響き悔しい敗戦となった。
 
アストライアは5回表に2死1、3塁で代打で登場した加藤がプロ初打点となるタイムリーヒット、好調の5番楢岡は4安打を放つなど、終わってみれば先発全員安打となる17安打13得点。
 
磯崎は粘りのピッチングで4回1失点。うれしい今季初勝利となった。
 
20160502naraoka.JPG
4安打猛打賞の活躍・楢岡


20160502isozaki.JPG
今季初勝利・磯崎

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/4843

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2016年5月 2日 23:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【5/2公式戦結果】磯崎(#11)待望の1勝目!先発全員の17安打13得点で快勝!」です。

次のブログ記事は「【アストライア】5/2監督・ヒロインインタビュー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。