【京都フローラVS埼玉アストライア】試合結果

| コメント(0) | トラックバック(0)
いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
日本女子プロ野球リーグ2016 ヴィクトリアシリーズ 京都フローラVS埼玉アストライアの試合結果をお知らせいたします。
 
 
京都フローラ 6対1 埼玉アストライア
 
埼玉アストライア
010 000 0=1
310 110 X=6
京都フローラ
 
(京)小西美加(7回)-中村茜
(埼)萱野(3回1/3),谷山(1回2/3),山崎舞(1回)-今井
 
 
【勝利投手】小西 美加(24試合9勝6敗0セーブ)
【敗戦投手】萱野 未久(17試合2勝5敗0セーブ)
 
 
【球場】
伏見桃山城運動公園野球場
 
<京都フローラ>
【打者】
1(右) 橋本 ひかり4-3-0
2(二) 小西 つどい3-0-0
3(中) 三浦 伊織4-3-2
4(D) 池山 あゆ美3-1-0
 打D 岩田 きく1-0-0
5(捕) 中村 茜 2-0-0
6(一) 田口 紗帆2-1-3
7(三) 只埜 榛奈2-0-0
 三 早田 咲紀1-1-0
8(遊) 岩見 香枝3-3-1
9(左) 金山 亜莉紗2-0-0
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
小西美加:7回(109球)打者28 被安打8 奪三振3 四死球4
 
 
<埼玉アストライア>
1(二) 中野 菜摘3-1-1
2(左) 佐藤 千尋2-0-0
3(中) 楢岡 美和3-2-0
4(遊) 川端 友紀1-0-0
5(一) 山崎 まり3-1-0
6(三) 出口 彩香3-2-0
7(右) 加藤 優 2-0-0
8(捕) 今井 志穂3-2-0
9(D) 中平 千佳3-0-0
※表記は左から[打順]-[ポジション]-[名前]-[打数]-[安打]-[打点]
 
【投手】
萱野未久:3 1/3回(52球)打者18 被安打7 奪三振3 四死球1
谷山莉奈:1 2/3回(30球) 打者10 被安打4 奪三振0 四死球1
山崎舞:1回(11球) 打者4 被安打1 奪三振1 四死球0
 
 
【戦評】
7月10日の雨天振替試合として伏見桃山球場で行われたヴィクトリアシリーズ京都フローラVS埼玉アストライアは、京都フローラが女王の貫禄を見せつけ勝利した。
 
ゲーム差0.5で2位につけている京都フローラは、世界大会で活躍したキャプテン三浦伊織が戻ってきて初の試合。
対する埼玉アストライアは、雨天振替試合の影響もあって4連戦を1勝1敗という状況で迎え、苦しいながらも逆転優勝のチャンスを狙う。
 
埼玉アストライアは久々の先発となる萱野。
その萱野に京都フローラの打線が初回から襲いかかる。
1番橋本、4番池山がヒットで出塁し、2死満塁というチャンスをいきなり作ると、田口の当たりはライト線を抜けるタイムリー。初回から一気に3点を得点し勢いを作る。
 
京都フローラの先発は今季8勝の小西美加。
初回は0点に抑えるも、2回表、1番中野にタイムリーを浴び、1点を奪われる。
しかしその後は要所を締めるピッチングで相手に得点を渡さない。
 
すると2回裏、京都フローラは8番岩見のヒット、1番橋本の内野安打でチャンスを作ると、3番三浦伊織が凱旋のタイムリーヒットを放ち、再び4-1と突き放す。
 
5回にも1点追加し、小刻みに追加点をあげ、終わってみれば6-1と大差をつけて流れを渡さず勝利した。
 
小西美加は、7回1失点の力投。
埼玉アストライアが毎回ランナーを出し得点しようという場面を、牽制球や巧みな守備で攻撃の芽を摘み取り、堂々の今季9勝目を挙げた。
 
これで京都フローラは兵庫ディオーネと同率首位。後期優勝を狙うに有利なポジションに浮上した。
 
逆に埼玉アストライアは1.5ゲーム差と厳しい中で明日も戦わなければならなくなった。
 
このまま2強になってしまうのか。それとも埼玉アストライアが明日意地を見せるのか。後期優勝争いという筋書きのないドラマで、明日からも彼女たちは汗と泥にまみれて戦う。

20160926.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jwbl.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/5550

コメントする

このブログ記事について

このページは、jwblが2016年9月26日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【試合結果】9/26(土)監督・ヒロインインタビュー」です。

次のブログ記事は「【9月27日 埼玉アストライアVS兵庫ディオーネ】予告先発」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。