ニュースNews

リーグ情報レイア

【活動報告】2019鹿屋合宿:1日目

2019年03月12日

いつも日本女子プロ野球リーグへの温かいご声援をいただきありがとうございます。

3月11日(月)、鹿屋体育大学での合宿及び技術測定を開始いたしました。

 

測定の内容や目的をお伝えいただき、いよいよスタートです!

 

まずは基礎体力測定を実施。

俊敏系を測定するステッピング、切り返し走や、パワー系を測定する垂直跳び、リバウンドジャンプ、メディシンボール投げなど、様々な測定を通じて基礎体力を測ります。

 

 

その中でも鎌田乃愛選手は、リバウンドジャンプの項目においてリーグ全体のこれまでの記録を塗り替えトップに。瞬発力の高さが際立ちました。

 

次に、走力パフォーマンステスト

 

 

ホームから一塁、二塁打の両方で三上実穂選手がスピード力を見せました。

「どの選手も共通して、走り方やベースの回り方などを修正することで更なるスピードアップに繋がるので、今後の課題として改善していく。」と新原監督。

 

次に、打者はスイング速度テスト、投手は投球動作解析を実施。

 

スイング速度テストでは鎌田乃愛選手が全体でNo.1のスイングスピードを記録しました。

 

投手では、鹿屋体育大学にしかないマウンド型フォースプレートでの球速や回転数などを測定。

投球解析を通じ、「それぞれの良いところ、改善点がみえてきました。まずは長所を伸ばしていけるように指導していきます。」と松村投手総合コーチ。

 

 

レイア選手は初となる測定を経て、成長の為今後どのような計画でトレーニングを積むのか。

また昨年度に続き参加した選手は、1年間の成果がどのように数値の変化としてみられるのか。

 

12日にはフィードバックが行われます。

 

ページトップへ